【飲食事務から受付事務へ】派遣会社を通して納得のいく転職を




前職は飲食業界の事務職

前職の仕事内容

大手飲食チェーン店の本社にて、事務職をしていました。
主に顧客のデータ管理やDM作成、電話対応やイベント企画など、事務職とは言え臨機応変に様々な業務をしていました。

大切な顧客を相手にする仕事だったのでミスは絶対に許されず、資料作成一つにしても自分一人で簡潔するのではなく、必ず誰かに2重3重にチェックしてもらうという、少しプレッシャーのある仕事でもありました。

ミスを頻発してかなり怒られたこともありましたが、この経験はその後他の業界で仕事をするにあたっても大変役に立っています。
部署自体は少人数で、いつもお互いに仕事の進捗を把握し、助け合って業務をするという感じでした。

先輩は厳しい人が多かったですが、決して理不尽だったり嫌な感じではく、あくまで仕事だからという感じで厳しく接してくれていました。
仕事以外では、先輩や同僚、他の部署の人たちも和気あいあいとしていました。

前職を辞めた理由

この会社へは転職してきたのですが、仕事をはじめたばかりの頃は初めての事務職ということもあって、毎日がいっぱいいっぱいでした。
この仕事が好きだとか会社や上司がどうのだとか考えている暇はありませんでした。
半年ほどたち、仕事や先輩、同僚にもだいぶ慣れてきた頃に、ふとこの会社にずっと居続けるのだろうかという疑問がわいてきました。
というのも、私達の部署は休日が平均月4日のみで、残業も月50時間はするようにと上司から言われていたのです。

私はそんなにガツガツ働くつもりはなかったし、前職でストレスと激務から体調を崩したことがあったので、休みは少なくても事務職で腰を据えて安定して働きたかったのです。

休日の日数については入社前から知っていたことなのでさほど気にしてはいなかったのですが、残業まで強制的にするようにと言われてからは、この働き方に疑問を持つようになりました。

これは私だけでなく、先輩や同僚も思っていたことで、することも無いのに無理やり残業をするのは効率が悪いし、ただえさえ休日が少ないのに変な風習だと皆言っていました。

直属の上司もほとんどデスクにおらず、問題発生でここぞ上司の出番という時に連絡が取れず本当に困っていました。

上司は他の部署と兼務していたこともありますが、私達の部署はほぼ放置気味で、放置された私はちょっとひねくれ気味でした。

私が勤務していた1年の間に、上司が2回変わったのも大きな疑問でした。
実際、私が所属していた部署は、一般社員で1年持てば良い方だと後から聞いて納得しました。

現職は受付事務

現職を決める上で重視したこと

前職ではやりたかった仕事内容ばかり重視して、他のことについてはあまり気にしませんでした。

転職するにあたっては、もっと将来のことを考えて色々な面から就業先を見たいと思い、人材派遣会社を通して就業先を探し、気になる職場の雰囲気や就業体制、上司などについても気が済むまで質問し、納得のいく会社を探すようつとめました。

派遣会社ということで、最初は派遣社員として働くことになりますが、ゆくゆくは正社員になれる会社を探し、現在は大手企業の受付事務として安定して働いています。

仕事内容は前職とは異なり、受付業務を中心に時間のある時に事務作業をするという感じですが、上司もよく見ていてくれて相談しやすく、仕事量も受付業務に支障の無いように調節してくれるのでとても働きやすいです。

使った転職サービス

エン転職など色々な転職サイトを見ましたが、テンプスタッフピープルに落ち着きました。
テンプスタッフ

派遣サイトですが、求人数が多く、大手企業の求人も多数載せていることも魅力です。
派遣社員として働くことは初めてでしたが、抵抗はありませんでした。
というのも、私は正社員登用制度のある派遣先を狙って紹介してもらっていたので、将来のことを考えて、頑張ってゆくゆくは正社員になるつもりだったからです。

派遣会社を通すと、担当者が就業先の雰囲気を詳しく知っていたり、直接聞きにくいことも担当者が代わって企業側に聞いてくれたりと、全面的にサポートが受けられしかも自分で調べるよりも企業の情報を知ることが出来ました。

今の職場で働いてみて

現在の職場の雰囲気は前職のようにアットホームな感じではありませんが、適度に緊張感があり、皆良い人ばかりなので全く問題ありません。
受付業務事態は、もともと接客業をしていたこともあり楽しく、動きもあるので一日が早く過ぎる感じが気持ちいいです。

受付では営業で訪問される方が多いので粗相があってはならないと緊張が走りますが、先輩がサポートしてくれるので良い勉強になっています。
前職で不満だった残業に関しては全く違って、必要な時のみすれば良く、基本的に定時で帰ろうという雰囲気が会社全体にあるので、逆に残業し過ぎると心配されるくらいです。

休日もカレンダー通りで、有給も取りやすく長期旅行も可能です。
ほぼ毎日定時なので、プライベートも充実し、以前から挑戦したかった資格の勉強をする時間も作ることが出来ています。

派遣社員からのスタートでしたが、下調べをちゃんとすることで、納得のいく転職ができました。

事務の関連記事
  • 接客業から事務職という異業種への転職は実績作りから始まりました
  • 販売職から事務職と全く違った業種への転職活動の苦労・実際に事務職へ転職して感じたこと
  • 公務員から民間への転職活動は苦労の連続でした
  • 病院の事務から保険会社へ転職!毎日定時に帰れるようになりました!
  • 年収が100万円ダウンした転職と3ヶ月で退職するまでの道のり
  • 【ガテン系から事務系への転職を試みる】職業訓練校からの這い上がることができるのか
おすすめの記事
英会話講師から貿易事務への転職
事務
好きでやってみたいことを重視して選んだ職業 大学卒業後に海外での生活を経験して帰国し、英会話学校で教師として働き始めました。 せっかく身に...