安定した銀行の仕事を辞め、医療事務の仕事へ転職




前職は地方銀行員での窓口担当

前職の仕事内容

地方銀行の中規模の支店に配属されました。
主に窓口を担当しておりました。入出金等の伝票処理や、住所や氏名等の変更処理、税金納付などです。3か月に1回程度係替えがあり、出納といって支店内のお金を管理する担当や、為替もしておりました。
また、窓口は15時までですが、閉店後は今日処理した伝票等の間違いがないのかチェックをします。16時以降になると外回りに出かけ、保険や投資信託、国債などの営業活動。

前職を辞めた理由

窓口での事務作業は好きでしたしやりがいを感じていましたが、16時以降の営業活動が私にとって億劫になっていました。入社する前は、事務仕事だから営業をするなんて思いもしていませんでした。

営業担当者がいますが、窓口だといろいろなお客さんが来られ、声をかけるチャンスでもあるということで窓口担当でもノルマを課せられます。個人年金保険や終身保険などを何百万単位で数件取らなければならず、それに加えて、クレジットカード、カードローン、学資保険の推進も合わせて行わなければなりませんでした。

ノルマを達成しなかったからと言って、特に給料が減るとかいうことはありませんでしたが、上司の方から厳しい言葉を言われます。「取れるまで外回りをしてきなさい」と言われ、20時過ぎまで外回りをしたこともありました。達成しようと努力をし、自分には知識が足りないんだと思い、銀行主催の研修に積極的に参加したり、営業関係の資格もたくさん取得しました。

ですが、5年間勤めても、営業の仕事を好きになることはできませんでした。リスクのある商品をお客さんに提案することに抵抗を感じてしまっていました。それがストレスになり私は軽いうつ状態になってしまいました。病院に行き1か月間の休養が必要という診断書をもらい1か月間休養したのち、復帰しましたが、やはり、営業の仕事は私には向いていない。これ以上働いてもストレスで自分が壊れていってしまいそうだったので退職することにしました。

現職は耳鼻咽喉科の医療事務

現職を決める上で重視したことは営業がないこと

絶対的な条件として、営業がないということでした。
学生時代も簿記の資格をとったり、パソコンスキルも人並以上に身に着けていました。また前職での銀行経験も生かしていける事務職が自分には向いていると思い、事務で仕事を探しました。

医療事務を選んだ経緯

私はネットでどんな事務仕事が自分に向いているのか調べたところ、医療事務という仕事に興味を持ちました。医療事務は受付の仕事もあり、銀行員時代の窓口業務の経験が生かしていけると感じました。

医療の知識はほとんどなかったのですが、ネットで調べてみると、通信教育で勉強でき、医療事務の資格が取れることを知りました。退職金もでてお金にもゆとりがあったので、すぐに就職しようとはせずに、自分のスキル向上のために医療事務の資格を取得してから転職活動をしようと考えました。そして6か月間で無事に医療事務の資格を取ることができました。

医療事務における実技試験のコツと注意点・アドバイス

使った転職サービス

ネットの転職サイトもいくつか検索しましたが、載っているのは都心部ばかりで私の住んでいるところは全く情報がなかったので、ハローワークを利用して転職活動を行いました。

今の職場で働いてみて

医療事務の経験を積みたかったためあまり条件面は気にせずに転職活動しました。今の仕事場は、9時から19時半までと1日の拘束時間は長いです。どちらかというと銀行員時代より遅い時間に帰宅しています。ですが、気持ちの面で全く違います。営業がないというだけでこんなに気持ちが楽になるんだなと感じました。
仕事内容は、受付や会計処理、院長の横に座りカルテ入力の補助、治療で使用した器具の洗浄などの看護師さんの補助業務、レセプトでした。
事務仕事は好きなので、勤務時間が長くても全然苦痛になりません。職場環境もとてもよく、女性ばかりの職場ですが、みんなと仲良く仕事ができています。
本当に転職して正解だったなと感じています。

転職活動を通して

医療事務の資格を取得しましたが、転職活動は厳しかったです。医療事務の求人は経験者を募集しているところが多かったからです。また、医療事務は大変人気の職種であり、一つの求人先に十数人応募があることが当たり前みたいでした。その中にはやはり経験者の方もいて、医療事務の資格を持っているだけでは有利ではありませんでした。
ですが、前職で銀行に勤めていたことがいい方向にいき、無事に3社目で採用をいただくことができました。

転職しようか悩んでいる人に向けて

何年も働いたところを退職するのには勇気がいります。ですが、一番大切なのは自分の体です。ストレスを感じているのであれば転職することをお勧めします。転職をしたら新しい知識を身に着けることができると思うし、自分に合っている仕事が見つかります。とても人生が楽しくなります。

【リクナビネクスト】「医療事務」の検索結果

[post id=923]

事務, 医療の関連記事
  • 接客業から事務職という異業種への転職は実績作りから始まりました
  • 販売職から事務職と全く違った業種への転職活動の苦労・実際に事務職へ転職して感じたこと
  • 公務員から民間への転職活動は苦労の連続でした
  • 病院の事務から保険会社へ転職!毎日定時に帰れるようになりました!
  • 年収が100万円ダウンした転職と3ヶ月で退職するまでの道のり
  • 【ガテン系から事務系への転職を試みる】職業訓練校からの這い上がることができるのか
おすすめの記事
何でも屋から福祉関係まで経験!
販売・サービス・運輸
神奈川県在住、42歳、男性既婚者、子ども3人です。 私の職業歴は、15歳の時に始めたアルバイトから多岐に渡ります。 私の職業歴! 15歳〜1...
転職時に確認すべき項目3選!
転職の仕方
「あの同僚、上司が嫌だ」「給料が上がらない」「残業が多い」など、もう転職してやる!と思う理由はたくさんありますよね。でも本気で転職しようと思...