30歳を目前にした転職活動ではマイナビエージェントを利用!

私が就職したい企業は食品メーカーで、一般的なスーパーマーケットや食料品を扱うお店で見かけることができる程度の日本では販売シェアの大きい企業でした。もともと就職した会社の食品が私の大好物だったことから「ここで新商品の開発に携わってみたい」と思うようになり大学4回生の時に行った就活では、無事に内定をもらうことができ晴れて新卒での就職を果たすことができました。

自分の働きたかった会社で仕事ができることが大きなモチベーションとなっており、覚えることが多かったのですがとても充実した日々を過ごすことができました。しかし、入社してから5年が経過し私の年齢は27歳になりました。世間一般では、何かしら役職につき始めてもおかしくない年齢に差し掛かったと自分の中で考えておりましたが、一向に昇進の話は出てきませんでした。




転職理由は給与面での不満から

前職から転職した理由は、給与面での不満でした。

仕事をサボっていたわけでもなく、また実績も残していましたがはっきりとした理由もわからないまま月日だけが経過し、与えられる仕事の量は増えて行く一方でした。役職がつかないことで給与は新卒時にいただいた給与と変わらない額を5年間もの間受け取っている状況でした。流石に27歳で手取りが20万円というのはおかしいのではないか?と思うようになり、他の企業に勤める大学時代の友人に給与のことで相談をしてみると同じ食品業界で同一規模を誇る会社に勤める友人は手取りで25万円もらっていると聞き、ショックを受けました。

同じ年齢でなおかつ同じ業界で仕事をしているにもかかわらず給与額の大きな違いに唖然としてしまいました。実は、薄々感づいていたのですが新卒で入社したのは私が初めてということらしく、これまでは中途採用しか採っていない企業であったため年齢を基にした給与体系しかルールが整っていない企業であることがわかりました。つまり、私がどれだけ頑張って成果を出しても会社の決めた年齢に到達するまでは給与が上がる見込みがないということでした。

私が27歳の時30歳になる上司がいましたが、その上司曰く「30歳でようやく昇進と昇給ができた」とぼやいるほどでした。つまり、私も30歳になるまでは役職に就くことができず、また給与のアップに対する見込みもないことがわかり、このまま3年を無駄に過ごすのは得策ではないと思い転職を決意しました。

今の時代、年功序列式の人事制度をとっている企業に内定し仕事をしていることに気づくのが遅れてしまったことに対してとても腹立たしく感じました。

使った転職エージェントはマイナビエージェント

そんな私が転職の際に使用していた転職サイトは、マイナビエージェントでした。マイナビを使った理由としては、毎朝の通勤電車の窓についた高校にマイナビの文字を見かけていたので自然と私の中で一番認知度の高い転職エージェントだったため、興味を持つようになりました。調べてみると、中小企業の求人数は豊富にありましたし、中には大手企業の採用募集も掲載されていたので求人数の多さに納得をしていました。

また、転職サポートが充実していることを大学時代の採用活動でも知っており、学生時代にもマイナビを使用していた経験から使い勝手は理解していたので迷うことなくマイナビエージェントを利用することにしました。

転職支援が親切だった

新卒と中途採用における採用募集の内容や必要キャリアなどには違いがありましたが、使って行くうちに簡単に慣れて行きましたので操作方法にストレスを感じることがなく、転職活動に集中して取り組むことができました。

また、マイナビエージェントを利用している人には、無料で1回web履歴書をチェックいただけるので転職サポートをの充実という点において、利用者の必要なものを理解して仕事をしていただいていることを改めて知ることができてよかったです。

求人数が多すぎた

一方で、使ってみると厄介だと案じるようになったことは、自動メール受信でした。マイナビに登録する際に企業業種などを記載したのですが、求人情報が掲載されるたびに新着求人情報がメールボックスに受信されてきました。常に何かしらパソコンやスマホを開くと受信フォルダに受信表示が出ていて、確認するとマイナビからのメールということでうんざりすることがありました。

求人情報を自力で探すと時間と手間がかかって仕方ないと思うこともありますが、自分が登録している業界や勤務地域とはかけ離れている場所での求人情報を送られてくるとかえって効率が悪く手間が増えてしまうように感じていました。

もっと自分が希望とする企業の情報のみに特化した求人情報を提供してくれればまた印象は変わってくるのですが、結局転職活動が終わるまで一度も新着情報から送られてきた企業に応募すらすることはありませんでした。新着メールのあり方が利用者に沿ったものであればいいと思い、新着メールに不満がありました。

非公開求人が多かった

求人情報に関しては、非公開求人は多くも少なくもない印象でした。しかし、非公開求人だと一目で分かるようになっていたのでなかなか気になる求人情報が見つからない日には非公開求人ばかりに絞って検索にかけていたこともありました。マイナビを利用していないと出会うことができない非公開求人で活用しない手はないと思っていたので、チャンスを逃さないようにしっかりとチェックはさせてもらいました。

転職エージェントマイナビを使って正解だったか?

マイナビエージェントを利用して感想は、利用して正解でした。初めての転職で履歴書を書くのは久しぶりですし、新たに職務経歴書を記載する必要がありましたのでどのように書いたらいいのかわからずに困っていました。しかし、マイナビエージェントでは、無料で履歴書と職務経歴書を添削してくれるサービスがありましたのでとても参考になりました。

添削をしてくれたマイナビスタッフの方は実名で添削をしてくれますので、匿名のものに比べると名前を公表している分安心感を感じることができました。

また、添削だけでなく各業界別にカテゴリーが分けられた面接模擬セミナーもインターネット上から利用することができました。業界ごとに質問の内容が異なるので、本番を直前にした時期には何度も利用させていただき自分の解答に気になるところはないか?チェックを入念に行うことができました。総合的に転職活動を行う上で必要な知識や前準備のサポートは充実しているので利用してよかったと思いました。

希望の転職をすることができたか

肝心の転職活動の結果は、無事に希望する次の職場に転職することができました。実は、同じく食品メーカーに就職をしたのですが、そこは年齢で給与を決めるような形式ではなく、成果主義の企業であったので実績を残した分だけ給与がアップするというものでした。わたしはどちらかというと目標を与えられて達成することに対して人一倍執念を燃やして一生懸命取り組むタイプの人間だったので、常にノルマをクリアすることに対して達成感を味わいたいため仕事のモチベーションとしてノルマを賛成していました。

とにかく自分が頑張った分だけお給料が増える仕組みは、毎月の自分の成果に比例していることから納得の人事制度であり、とてもわかりやすく自分にあっていると感じる部分でした。

自分が最も力を発揮できて、評価制度もわかりやすい企業に就職できたのはマイナビエージェントで求人情報を見つけたことがきっかけであり履歴書や面接をクリアできたのもマイナビエージェントのサポートのおかげでしたのでとても有意義な時間を過ごすことができました。
マイナビエージェントを利用してよかったです。

  • 転職エージェントを実際に利用してみてわかった利点と裏側
  • 転職エージェントを使った転職活動と使わない転職活動をしました
  • 転職エージェントのメリットと転職サイトとの違い
  • 退職後に遊びながら転職活動を始めたら、年収が100万円アップした話
  • リクルートエージェントを使って転職をすることができたが、振り返ると・・・
  • 転職エージェントは面接対策のみに利用し、実際の企業探しはネット検索で転職しました
おすすめの記事
3Kと言われる仕事から販売職へ
販売
高卒で入社!前職は介護です。 キツい、汚い、給料安い。いわゆる3K。 私は高卒で社員としてとある介護施設に入社しました。そこは介護だけではな...