駅構内店舗の販売員から受付事務へ。安定した休日が欲しくて、転職を決めました。




前職は駅構内店舗の販売員

前職の仕事内容

駅構内店舗(売店、書店、雑貨店)の販売員、販売員を経てマネージャー職を経験しました。
接客販売を中心に、発注、納品、クレーム処理、問い合わせ対応、勤務管理、スタッフ指導など多岐にわたる業務を経験しました。

辞めた理由

休みがなかなか取れなかったことが一番の理由です。
お店なので、土日や祝日などは忙しくなります、家庭を持っている人は土日祝日は勤務することができないので土日祝日できる人が限られてしまってる状態でした。
土日休みたいときがあっても、出勤してくれる人がいなかったので土日を休めたことは殆どありませんでした。希望休を出したくても、スタッフの人数も不足してる状態だったので休みを取ることもできず。

また、自分が休みの日にスタッフが1人でも当日欠勤してしまうとシフトを回すことができないので
休日出勤が多くなってしまったことで、精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまいました。

土日休みの仕事に憧れを持っていて、いつかそういう仕事に転職したいと思っていましたが、人手不足の状態で自分が退職することは出来なく、満足に休みを取れない状態なのを我慢して仕事をしていました。
休みが取れない状態の勤務が続き、休憩も取れなく、以前休んだのがいつなのか忘れてしまうくらい
何日も連続で出勤していました。

そんな時、店舗で倒れてしまいました。身体も心も限界を超えてしまいました。倒れたことを機に、身体が悲鳴を上げていたことに気付きました。
これ以上、休みがとれない職場で働くのに限界だと感じ、退職を決めました。

現職は受付事務

現職を決める上で重視したこと

とにかく休日をしっかり取れるかどうかは重視しました。土日祝日、GW、お盆、年末年始休める職場かどうかに重点を置いて、転職活動をしました。また、接客よりも事務の仕事の方が自分に向いてるのではと感じていました。パソコン操作が好きだったことで、それを生かせるような職場を探していました。事務の仕事は初めてだったので、簿記や秘書といった資格が無くても働けるかどうかも念頭に入れました。専門的な事務より、誰でも出来るような業務が中心で言われたことを黙々とこなす業務が多い職場が希望でした。

使ったサービス

求人雑誌、求人チラシを常にチェックし、ハローワークに通いました。
ハローワークで、早期就職支援制度を利用しました。この制度は、職員さんとマンツーマンで履歴書の書き方や面接指導、求人検索をサポートしてくれる制度です。

なかなか思い通りにいかないときに相談に乗っていただけたことで、励みになりました。
ハローワークの求人の中で、自分の希望に合いそうな求人があったときに紹介していただけたこともありました。
自分一人で活動するよりも、良い職場を見つけることが出来ましたし、幅広く活動できました。
一ヵ月くらい早期就職支援制度を利用して、紹介してもらった職場に採用していただけることになりました。

今の職場で働いてみて

受付事務なので、販売員時代に経験した接客応対のマナーを生かすことができています。
応対業務が多いので、正直うまくいかなかったり悩んだりすることも多く、思うように仕事がこなせず
入った当初は涙を流してしまうこともありました。
事務の仕事に憧れや興味を持っていましたが、いざやってみるとスピード勝負だったり、締切を守ることの重要さ、締切の時間にほんの少し遅れただけでも信用を失い、仕事を失うかもしれないです。緊張感を持ってやらないといけないと実感しています。
それまでの事務職のイメージは、座ってのんびり仕事をすると思っていましたが、全く違うことに驚きました。
ゆっくりのんびりしてる余裕はなく、あれよあれよと毎日過ぎていきます。

しかし、休日はしっかり取れるので身体的にはとても楽になりました。
土日休むことで気持ちを切り替えることが出来、次も頑張ろうという気持ちで1週間やり切ることが出来ています。

また、土日休みになったことで友人と会う機会が増えたり、旅行に行ったり、実家に帰省できるようになりゆとりを持って生活できるようになりました。

土日休みなので、銀行や区役所の用事を済ますことは出来ませんが、半日休暇を取得しやすい環境なのでどうしても平日休みたいときなども安心して休暇を取得することができています。

お互いに助け合いを大切にしている職場なので、誰かが休んだときはサポートしてくれる雰囲気なので
居心地が良い職場だなと感じています。

人手不足ということもないので、急に休んでも問題ないことや自分が代わりにやらなくてはいけないという重く大きな責任感を持たないで仕事できるようになって、笑顔で仕事をできるようになりました。
以前は食事休憩も店舗の裏で急いで食べていて忙しなかったのが、休憩時間をしっかり1時間取れるようになり休憩時に楽しくおしゃべりしながら食べられるようになったのがとても嬉しかったです。
時々、雑談をしながら楽しく仕事ができています。

なによりも、休めるようになったのは一番嬉しかったことです。休日の楽しみも増え、仕事を頑張れる糧となっています。

転職して良かったと心から思います。

事務の関連記事
  • 接客業から事務職という異業種への転職は実績作りから始まりました
  • 販売職から事務職と全く違った業種への転職活動の苦労・実際に事務職へ転職して感じたこと
  • 公務員から民間への転職活動は苦労の連続でした
  • 病院の事務から保険会社へ転職!毎日定時に帰れるようになりました!
  • 年収が100万円ダウンした転職と3ヶ月で退職するまでの道のり
  • 【ガテン系から事務系への転職を試みる】職業訓練校からの這い上がることができるのか
おすすめの記事
バスガイドからキャンペーンガールに転職
販売・サービス・運輸
前職はバスガイド バスガイドの仕事内容 旅行会社のバスツアーに参加してくる方や、会社の社員旅行、修学旅行で北海道へ旅行にくるお客様への観光案...