アパレル業界から通勤時間があまり掛からないオペレーターへ転職




前職はアパレル店員

前の職業を始めたきっかけ

高校生の時からファッションやメイクなどに興味がありファッション関係のお仕事に着きたいと考えていました。高校卒業後には専門学校や大学などへ進むことはお金がかかるため考えておらず、卒業後は自分で働いたお金が欲しいという気持ちが強く何かしら働こうと決めていました。

そんな中高校卒業前に求人サイトで以前に務めていた会社の求人を発見し面接後アルバイトからと言うかたちで入社する事になりました。

前職の業務内容

入社当初は主に店頭で衣類品の販売をするお仕事で、お客様の接客、ディスプレイの変更、レイアウト、パッキン商品の検品処理などを行っていました。だんだんと勤務年数を重ねると、店舗の売り上げ管理であったり、顧客管理、新人の教育などを任されました。

前職を辞めた理由

5年間アパレル業界で勤務をしていたのですが、アルバイトの頃は残業代が付くのですが、社員になったとたんに残業代が付かずサービス残業になりました。今どきどこの会社もそういうものなのかもしれませんが、仕事を残したくて残っているわけではないので残業代が付かないと自分の中でのモチベーションがなかなか上がりませんでした。

そして、もう1点理由があるのですが、私の務めていたアパレル業界では、割とすぐに会社を辞めてしまう子が多く、中には連絡が一切無くなり無断で来なくなる子も何人もいました。その中で、欠勤を埋めるのが社員の役目になり社員の休日が削られ、現上働いている人員も少ないので休日出勤分は返って来ないことも少なくありませんでした。

そういった積み重ねで、カレンダー道理の休日がとれる有給制度もしっかりしている職場へ務めたいと強く思うようになりました

現在の職業はオペレーター

現在の職業を選択した理由

前職では人の多い所で勤務したいと考えており、1時間半かけて都心部まで出ていました。できれば勤務地が自宅から近い方が良いので、通勤時間があまり掛からない所を探していました。そんな中、現在務めている会社の求人募集を発見しました。

勤務地が近く通勤時間が20分で、休日が土日祝日のカレンダー道理のお休みで、有給制度ありとの記載があった為にさっそく問い合わせることにしました。そして私の探していた条件の会社と出会う事が出来、現在務めさせて頂いております。

使用した転職サービス

私は何点か使用させて頂いておりましたが、まず一番始めにハローワークへ登録し、足を運びいつも求人を探していました。それとイーアイデムです。今回求人を見つけたのは新聞広告で入っていたイーアイデムで現在の会社の求人を見つけ応募させて頂きました。

現在の会社へ務めてみて

やはり、業種全く違うので初めは覚える事が多く、お客様や先輩方や上司の方にたくさん怒られましたが、その分勉強しました。主に電話を取りお客様と電話でお話しをする事が多い職場なのですが、電話での応対、受け答えなどを学べるとても良い機会だと思っています。

もともと高校では商業科だったのでパソコンを使用していたのですが、アパレルで販売をしていた時には決まった時にしかパソコンを使っておらずなかなか学んだ事を活かせる事が出来ませんでしたが、現在活かすことがで出来、よりいっそう知識も高まっています。

現在の職場と以前の職場との自分の心境の違い

以前の職場でいる時は、仕事へ行く前の朝の時間や休日終わりの夜などになるとすごく嫌な気分になり、憂鬱な気持ちでいっぱいでした。職場でのお昼休憩などもなるべく誰とも話をしたくないので、食堂の端っこの方で1人でご飯を食べたり、ひどい時はわざわざ人気の無いところを探して公園のベンチなどでお昼ご飯を食べる事もありました。

現在の職場へ務めてからはいっさいそういう事は無く、休日終わりの夜になっても憂鬱な気分になることはないし、お昼も同僚と一緒に楽しく食べています。仕事内容も以前の職業は対面接客で面と向かってお客様とお話し対応していましたが、現在の職場では電話対応がほとんどなので顔を見てお話をしない分、私としては落ち着いてお話が出来るように感じています。

転職してみて感じた事

日本の社会は転職をしてしまうとマイナスなイメージになってしまい、面接のときなどに何故以前の職場をやめたのかと面接官から強くつつかれます。私はまるで同じ職業を続けている事が偉いかのように感じてしまいます。もちろん長く同じ職場で務める事は凄いことですし、尊敬します。

長く続けられる事が一番良いのですが、無理をしてまで長く勤務し、それで体を壊してしまっては元も子も無いと思うのです。

あからさまに入社、退社を繰り返しすぎることは良くないと思いますが、自分に合わない、このままでは体が悲鳴を上げてしまう、私の人生が楽しくない!と感じたのなら辞めて次に進んでも良いと思っています。

事務の関連記事
  • 接客業から事務職という異業種への転職は実績作りから始まりました
  • 販売職から事務職と全く違った業種への転職活動の苦労・実際に事務職へ転職して感じたこと
  • 公務員から民間への転職活動は苦労の連続でした
  • 病院の事務から保険会社へ転職!毎日定時に帰れるようになりました!
  • 年収が100万円ダウンした転職と3ヶ月で退職するまでの道のり
  • 【ガテン系から事務系への転職を試みる】職業訓練校からの這い上がることができるのか
おすすめの記事
私が体験した介護業界のブラックな闇
ブラック企業
私は、医療系の専門学校を卒業してから、有名な障害者の法人で勤務していました。2年が過ぎた頃、以前にバイトをしていた法人の理事長から「〇〇さん...