DODAを使って、営業職から事務職に転職!

社会人2年目の女子で個人営業職を1年経験しました。転職した理由としては、営業職のノルマがきつかったからです。料理教室の営業職をしており、毎月数百万のノルマを課せられ、ノルマが達成できなければ詰められる日々を過ごしていました。自社で扱っている商材やサービスそのものに魅力を感じていなかったこともあって、積極的にお客様におすすめすることができず、ノルマのストレスから解放されたいと転職を決意しました。




利用したエージェントはDODA

DODAを使って事務職と営業職をメインに求人を探しました。
DODAを使った理由としては、ネットの口コミを複数調べて比較検討したところ、業界二番手で求人数も多く、なおかつサポートが丁寧と評判が高かったからです。

初回カウンセリングを受けた感想

初回から大変印象が良かったです。初めての転職で緊張や不安も大きかったのですが、担当のキャリアアドバイザーの方は懇切丁寧に話を聞いてくださり、本音ベースで転職理由や希望をお伝えすることができました。営業のような感じは一切なく、向こうからじっくり話を聞いてくれた後に、希望を踏まえた求人の提案をしてくださったので、安心してサポートをお願いすることができました。

DODAの対応でよかった点

紹介求人が多かった点

社会人2年目で経験も少なかったので、応募できる求人があるのか非常に不安でしたが、自分の経歴でも応募することができる求人を30社以上ご紹介していただけました。

応募求人の通過難易度を教えていただけた点

DODAの過去のデータベースから、私と同じような経歴の方が該当求人に応募した場合の通過可能性をランク付けしたデータを保有されており、各求人の合格難易度が担当キャリアアドバイザーには分かるようになっていました。こちらの希望が叶う求人であったとしても、内定をとらなければ意味がないので、それぞれの求人の通過可能性をデジタルなデータで算出してお伝え頂けた点は、効率的な応募をするという意味で非常に良かったです。

求職者の意向をくみ取った求人提案をしてくれた点

最初に求人を紹介されたあと、応募する求人としない求人の仕分けを依頼され、それぞれ応募したいと思った理由と応募したくないと思った理由を簡単にヒアリングされました。
その中で、自分の指向性などを把握してくれ、その後の求人紹介はより希望と合致した求人が送られてくるようになったので、非常にありがたかったです。

応募書類の添削をしていただけた点

応募する際に必要な職務経歴書についても、私が作成したものをそのまま企業に提出するのではなく、人事担当が見ているポイントなどを対面で補足してくださり、どんな情報を書いたら通過しやすいのか、具体的にアドバイスしてくださいました。私の場合、営業職と事務職という全く違う二つの職種に応募することになったので、それぞれの職種で書類選考上みられるポイントを丁寧に解説してくださり、それぞれにあった職務経歴書を2パターン作成しましょうと提案してくださいました。2パターン作成したおかげで、書類選考通過率は、営業職はほぼ100%、事務職も50%以上書類が通過となりました。

面接対策をしていただけた点

実際書類が通過して面接に入ったタイミングでは、対面で面接対策をしてくださいました。
最初に面接官が見ているポイントをまとめた資料をお送りくださり、それをもとに、面接の想定質問集なども準備してくださっていて、その質問集の回答を自分で考えて提出し、紙面上で添削をしてくださいました。それをベースに対面でもマンツーマンで模擬面接を行っていただきました。

担当キャリアアドバイザーが面接官となり、実際の面接のように質疑応答をしてくださって、本番に近い状況で予行練習ができたおかげで、面接に入った企業はすべて落ちることなく次のステップへ進むことができました。面接対策の際は、携帯電話の録音機能で実際の会話を録音し、それを聞きながら、どこが良かった、悪かったと具体的に解説をしてくださったので、自分自身の面接力を客観的に分析することができ、非常に有効な手段だったと思います。

面接の評価点を具体的に回収していただけた点

面接後は必ずお電話を下さり、面接の感想や、面接でうまくいかなかった部分などを丁寧にヒアリングしてくださいました。面接通過の際には、面接官が評価してくれているポイントや逆に懸念に思っている点をきちんと回収していただけてそれをお伝え頂けたので、次の最終選考までに指摘された点を修正することができ、とても助かりました。

どこに転職すべきか、寄り添って一緒に考えていただけた点

最終的に2社で内定をいただき、非常に迷っていたところ、親身になってアドバイスをしてくださいました。営業職と、事務職でそれぞれ内定をいただいていたのですが、まずはそれぞれの職種の具体的な仕事内容の情報を取ってきてくださり、それぞれを選択した場合のメリットとデメリットを丁寧に説明してくださいました。

また、それだけではなく、それぞれの職種を選んだ場合の将来のキャリアプランなども解説してくださったので、現時点だけでなく、将来も考慮した選択をすることができました。最後までどちらにするか非常に悩んでいたのですが、最後は担当キャリアアドバイザーの直属の上司の方と話をする機会を作ってくれて、第三者目線のアドバイスもいただきました。たくさんの情報をいただけたことと、情報を与えるだけでなく、アドバイザーとして最後まで相談に乗っていただけた点は、非常に心強かったです。

DODAを利用してよくないと思った点

大きな懸念点や、残念だったポイントはございません。ただ、エージェントを利用していたため、入社するかしないかの回答期限はコントロールされてしまったので、そこは注意が必要だと感じました。キャリアアドバイザーの方は毎月何人ご支援しないといけないという予算が決まっているようで、私の場合月末ぎりぎりに内定が出たので、入社するかしないかの返答を、内定をいただいた次の日に回答しなければならない状態になってしまいました。

正直もう少し他と比較したい気持ちもありましたが、回答期限の関係で他と比較することができず、最初に内定が出た2社のうちのどちらかで決めなければならない状況に陥ってしました。結果的にはよかったですが、納得できない企業から先に内定がでて、それが月末だった場合、月末で入社意思決定を迫られて困ってしまう可能性があるので、どの企業をどのタイミングで応募し、どのタイミングで最終面接を受けるのかという点は、自分自身でもよく考えて、担当アドバイザーに相談した方がよいと思います。

 転職エージェントDODAを使って正解だったか?

総論正解だったと思っています。初めての転職で、どんなところを受けたらいいのか、どんな会社がいいのかもわからない中で、応募企業の選び方から面接の対策まで指導していただき、安心して次の転職先を見つけることができました。転職エージェントに登録してから、次の転職先が決まるまで二週間もかからなかったです。このスピードで効率よく理想の転職先を見つけることができたのは、転職エージェントのサポートがあってこそだと思っています。

希望の転職をすることができたか

希望の転職をすることができました。事務職は未経験で、かつ人気で倍率も高いとのことだったので、事務職一本で活動を続けることは、転職活動が長期化するリスクがあるとキャリアアドバイザーの方からアドバイスをいただき、事務職一本で活動するのではなく、同時に他業界の営業職の求人も応募していました。結果として、営業職と事務職と両方で内定をいただき、最後は比較検討して事務職を選択しました。営業職というノルマから解放され、転職理由も改善でき、毎日楽しく働いています。

  • 接客業から事務職という異業種への転職は実績作りから始まりました
  • 販売職から事務職と全く違った業種への転職活動の苦労・実際に事務職へ転職して感じたこと
  • 公務員から民間への転職活動は苦労の連続でした
  • 病院の事務から保険会社へ転職!毎日定時に帰れるようになりました!
  • 年収が100万円ダウンした転職と3ヶ月で退職するまでの道のり
  • 【ガテン系から事務系への転職を試みる】職業訓練校からの這い上がることができるのか
おすすめの記事
3Kと言われる仕事から販売職へ
販売
高卒で入社!前職は介護です。 キツい、汚い、給料安い。いわゆる3K。 私は高卒で社員としてとある介護施設に入社しました。そこは介護だけではな...