メリハリのある働き方を求めて、営業からデスクワークへ

前職では生命保険の営業をしていましたが、上下関係に厳しく、提案や発言をすると怒られる風潮に嫌気がさしました。また、会社員ではあるものの、個人事業主という扱いだったため、交通費、お客様への手土産、お手紙、提案用ファイルなど全て実費。そして何より、新規開拓の営業中心であることに精神的にも疲れてしまい、広告大手の審査業務に転職しました。




前職は生命保険の営業

生命保険営業の仕事内容

主に3つで、

  • 法人に勤めてる従業員の方への新規営業
  • 既契約者へのアフターフォローや新規提案
  • 営業活動させていただける新規法人の開拓

です。

具体的には、新規営業では、保健未加入者へ加入をお勧めしたり、保険の基礎知識のご説明。他社にご加入の方に自社のものに切り替えていただくため、ご契約内容の比較やよりよい保険の提案をするなどです。
既契約者の方へは、古くなっている保健の見直しや、契約内容変更ご希望の際に承るなどです。こちらも、自分の活動基盤の方から見つけたり、サービス業店舗に飛び込んで見つけたます。
最後に、新規法人の開拓では、ひたすら法人の受付で活動させて欲しい旨をお伝えし、ご担当者の方と交渉し許可を得て、新規営業と同じく、従業員の方に提案していきます。

大手企業から、ビルの一角にオフィスがあるような小さいところも、飛び込み、もしくは電話営業で開拓していきます。

前職を辞めた理由

ひたすら営業であり、毎日歩き回ることや、常に外にいるため、毎日外食であることに身体がついていけなくなりました。
また、個人事業主という扱いのため、交通費、お客様への手土産やお手紙、提案に必要なファイルなど全て実費でした。上述したように、毎日ランチ代もバカになりません。インセンティブや営業手当は出ましたが、それ以上に出費することが多く、無駄に思えました。
時間についても、営業実績に関わらず定時以降も働いて当たり前で、終わってから電話をしなくてはいけませんでした。

そのあとは、1日の活動報告があるため、仕事が終わってからも1時間はメール作成に費やされていました。上司との電話が長引いた際は、それだけ仕事時間が延びていました。休日出勤の振替もなし、トレーナー同行で夜21時になってもビルに新規開拓で飛び込む日々に疲れました。

新卒から3年間が営業であり、そのあとは選べることになっておりましたが、実際には殆どが新人育成のトレーナーとなり、新人と一緒に営業活動を回るというものでした。時間にメリハリのない生活が営業卒業後もずっと長く続く実態が分かり、早めにやめようと決意しました。
そして、女子社会であったため、恋、男の話と仕事の愚痴しかない同期達にも嫌気がさしました。
大変なりに仕事のやりがいも感じていたぶん、そういった会話しかできない女子達と仲良くなれず、楽しいこともなくなってきたためです。

現職は広告審査

現職を決める上で重視したこと

時間にメリハリがあること。残業するにしても、ちゃんと残業代が出たり、必要あって残業するのかなど、従業員として与えられている権利をちゃんと与えてもらえるのか重視しました。大変でも、そういったメリハリがあれば頑張れると思いました。
また、営業職の際に毎日ヒールを履いて歩いていたことから外反母趾が酷くなっていたため、デスクワークの仕事を中心に探していました。

最後に、現職の上司と面談した際も、ざっくばらんにということで、本音で面接をしていただいたことで、包み隠さず仕事をし合える会社であり、個々が自立している自由な風潮を感じ決め手となりました。

使った転職サービス

いくつかエージェントから案件をもらいましたが正直数は少なかったです。最後にリクルートのエージェントを使用してからは、様々な案件をいただけて、意欲的に活動できました。

最初は転職サービスに登録していましたが、エージェントからの営業メールが多いため、早めにいくつかのエージェントにあたり、どこを使用するか決めて絞った方がやりやすいと思います。
いただける案件もカラーがあるため、相性の良いところを見つけると良いと思います。
【リクルートエージェント】

今の職場で働いてみて

広告審査の仕事のため、常にパソコンと向かい合ってのデスクワーク。歩き回る営業とは違う疲れはもちろんありますが、時間の配分や1日の裁量は自分で決められるため、非常に働きやすいです。
用事がある日などは、事前に伝えておけば定時に上がらせてもらえますし、有休も急用などでもすぐに使わせていただけます。日頃からやることをやっていれば、文句を言われません。

仕事内容は審査という堅い業務なぶん、融通が利かない部分や、営業サイドと対立することなどはありますが、基本的にメールでのやりとりなので、仕事と割り切ってできる程度です。残業も基本的にはありますが、そのぶんお給料も増えます。大変なことがあっても、それを乗り越えたり割り切れる程の待遇はあると思います。

事務の関連記事
  • 接客業から事務職という異業種への転職は実績作りから始まりました
  • 販売職から事務職と全く違った業種への転職活動の苦労・実際に事務職へ転職して感じたこと
  • 公務員から民間への転職活動は苦労の連続でした
  • 病院の事務から保険会社へ転職!毎日定時に帰れるようになりました!
  • 年収が100万円ダウンした転職と3ヶ月で退職するまでの道のり
  • 【ガテン系から事務系への転職を試みる】職業訓練校からの這い上がることができるのか
おすすめの記事
会社の上司への怒りを解消する方法4選!
転職の仕方
仕事をしていると、多くの人が問題にぶつかりますが、最も多い悩みと言われているのが、人間関係の悩みです。会社内の人間関係はクライアントや同僚な...
ただの営業からIT系の採用担当へ。
人事・採用担当
都内在住の20代男性です。 私は前職で人材系の営業マンをしていました。 しかし、営業マンという職種に対しての不安と、 仕事自体に対するやりが...