仕事へのやりがいを求めて、経営コンサルタントへ転身




前職はシステムエンジニア

前職の仕事内容

SIerでシステムエンジニアとして仕事をしていました。
具体的には、自社製品のERPパッケージの導入を行っており、要件定義、開発、保守、運用といった事を中心にシステム導入における上流から下流まで、幅広く仕事をしていました。全工程を担当していたこともあり、お客様との打ち合わせも多かった仕事でした。

前職を辞めた理由

仕事は充実しており、やりがいも感じていたのですが、先輩方との話をきっかけに、キャリアについて考えるようになりました。

システムエンジニアのまま仕事で経験を積んでいくと、先輩方と同じようにプロジェクトリーダーを任されて仕事をしていくのだと考えていました。しかしながら、多くの事が出来るようになるにつれ、自社製品のERPパッケージを導入することで、お客様のゴールを達成するという限られた世界で働き続けることに疑問を持ちました。

そのため、自分のキャリアをどう作り上げたいのかそもそも、なぜ経営コンサルタントになったのかをまず考えました。最初に考えたのが、仕事を通じて何を実現したいのかです。もちろん、お金を稼ぐという観点も必要です。

ですが、それよりも大事なのが、人生のなかでも結構な割合を占める仕事をすることによって、自分は何をしたいのか、悩みに悩みました。でも、最終的にはシンプルに考え、自分の強みとするコトで誰かに貢献したい、困っていることを解決したい、助けたいといった考えに落ち着きました。

自分の強みとするコトとは、今となればビジネスです。だから、経営コンサルタントとして更に経験を積んで、深みを持ちたいと思いました。

自分のキャリアプランを確認した結果、自社と他社でできることの比較分析をしました。まずは自社です。自社にも、転職などでコンサルティングファームから来た人などもいて、続けても良いキャリアを積めるとは思っていました。

しかし、やはりSIerという壁を越えるのは難しかったです。

SIerなので、結局システムまわりの案件が多かったです。システム導入も経営課題を解決するための一つの手段ではありますが、システムを入れるためにはどうするのかといった観点が強かったです。なので、本質的な経験ができないのではないかと考えました。次は他社です。
他社を見る際に、自分のキャリアプランから考えると、まずはコンサルティングファームを見ていきました。

やはりコンサルティングファームだと、様々な業界に対してのコンサルティング案件があることが改めて認識しました。ビジネスに直結する幅広いテーマの案件があり、SIerとは違った経験ができるのではないか、自分のキャリアの方向性と合っているのではないか考えました。そのため、コンサルティングファームへの転職を決意しました。

現職は経営コンサルタント

現職を決める上で重視したこと

年収面もありましたが、お客様に対して最適なソリューションを提供していきたいと思いが強かったため、お客に対して自分が自信を持ってサービスを提供できる現職へ転身しました。
また現在の会社はクライアントの経営課題に対して、多種多様なコンサルティングにより培われた「メソドロジー」、「スキル」、「ツール」、「事例」などを最大限に活用。

適切なアプローチで、ベストなソリューションを提供する経験を積み、専門性を持ったコンサルタントのキャリアを築いていきたいと考えています。グローバルで強みをもち、戦略~ITの領域まで様々な分野のプロフェッショナルがいる現在の会社に転職しました。

使った転職サービス

リクナビネクストなども使っていました、主に使っていたのは大手のリクルートエージェントです。
【リクルートエージェント】

今の職場で働いてみて

転職後は、素晴らしい環境の中で仕事のやりがいを持って取り組めているので、充実した日々を送ることができています。構想段階からお客様とコミュニケーションが取れる経営コンサルタントの仕事は、悩んでいた事がスッキリするイメージを持つことができました。

システムエンジニアの立場としてでも、できる可能性がありますが、やはりその時々の体制に依存しています。なぜなら、システムエンジニアは、構想段階からお客様とコミュニケーションを取れる機会は少ないため、ほぼ要件等が決まった状態で仕様に落していく作業が主になります。

そのため、自分の考えなどを反映できるわけでもなく、要件通りに設計を行い、開発して、かつ管理をする作業になってしまいがちです。技術力は非常に鍛えられましたが、本当にお客様にとって最適なソリューションとなっているか疑問をいつも持っていました。

経営コンサルタントへの転身後は、お客様の市場環境や内部環境なども踏まえて、そしてお客様のニーズを考慮して、最適なソリューションは何かを常に考えており、満足したキャリアを積むことができています。本当に経営コンサルタントへ転身して良かったと思っています。

コンサルタントの関連記事
  • 仕事へのやりがいを求めて、経営コンサルタントへ転身
  • システムエンジニアからITコンサルタントへの転職で150万円の年収アップを実現しました
おすすめの記事
転職活動、なかなかしんどかったです
販売・サービス・運輸
私の略歴をまず説明します。 私は大学卒業後、油剤メーカーに営業職で就職しました。 3年勤務した後、現職である海外進出企業向けコンサルティング...