システムエンジニアからITコンサルタントへの転職で150万円の年収アップを実現しました
  • 30歳、男性、関西地方
  • 転職前の職種・・・技術系システムエンジニア
  • 転職後の職種・・・ITコンサルタント、経営コンサルタント




転職理由

転職理由は、年収アップを実現したいという思いからでした。転職前の会社は大手SIerで、主に大手インフラ会社の基幹システムの構築やインフラ整備など、技術系システムエンジニアとして働いていました。

労働形態は『裁量労働制』で、どれだけ長い時間働いても、月額固定給で、残業代が支給されませんでした。当時、私はプロジェクトリーダーの立場で、開発の進捗管理や仕様打ち合わせ、メンバーマネジメント、上司への報告、そしてやるべき自分のタスクなど、仕事量が多く、かなりのサービス残業(繁忙期は月100時間以上の残業)をしていました。

それにも関わらず残業代が支給されないため、他社のプロジェクトリーダーと比較しても年収が低いことに不満があり、また仕事への意欲を失っていました。

所帯も持っており、一家の大黒柱として将来を見据えて年収アップを実現すべく転職を決意しました。ITコンサルタントを目指した理由は、30歳までに転職して順調に経験を積めば、40代で年収1,000万円超も可能な職種だったからです。

転職前後の年収

450万→600万
転職によってシステムエンジニアからITコンサルタントへのキャリアアップに加えて、年収アップを実現できました。

裁量労働制ではなく、きっちり働いた分だけ残業代が支給される会社を選択したので、転職前と比較すると全体で約30%の年収アップを実現できました。まだまだ未熟者なので給与は低い方ですが、今後の上がり幅も大きく、また毎日充実しているので転職して本当に良かったです。

転職を考えている方へのアドバイス

私は転職活動を決意した時に、転職エージェントにまず相談をしました。エージェントはリクルート、マイナビ、typeの3社を選定し、面談の際に希望の職種、勤務地、年収など自分の志向を伝えました。

その後最も対応の早かったtypeに決めて転職活動を開始しました。typeの転職エージェントを利用した理由は、転職活動の短期化を見込めること、普段あまり書かない履歴書や職務経歴書のレビューを行ってもらえること、そして私のキャリアについて真摯に考えてくれたことです。

転職エージェントは、受ける会社の求める人材や面接ポイントなども深いところまで色々と教えてくれるので、まずは自分に合ったエージェントを選定しましょう。

転職することで、本当にやりたいことや成りたい自分に近づける、人生輝けると判断できる場合、私は迷わず転職の道を選ぶべきだと思っています。

私は転職する前に、転職せずに前の会社で活躍する姿を思い描きましたが、成りたい自分を実現できる要素は一つも見当たらなかったため、新しい道を選択しました。ぜひ将来のキャリアプランをしっかりと考えたうえで、転職活動をしていただきたいと思います。今後のご活躍、ご健闘を心からお祈りしております。

コンサルタントの関連記事
  • 仕事へのやりがいを求めて、経営コンサルタントへ転身
  • システムエンジニアからITコンサルタントへの転職で150万円の年収アップを実現しました
おすすめの記事
夢を追いかけてゲームのエンジニアに
エンジニア
夢を追いかけてゲームのエンジニアに 私は専門学校卒業後、業務系のプログラマとして七年ほど働きましたが、 元々ゲーム、エンタメ志望だったことを...