介護職を辞めて他職種で働きたいと思い、事務職へ転職

介護職として有料老人ホームで勤務しておりました。事前に描いていたイメージとは大きくかけ離れ、仕事も激務ということで転職を考えました。転職活動では転職エージェントを活用しながらも、十分な職歴もない中で未経験の職種に転職をすることができました。
同じように未経験の職種にチャレンジしてみたい方の参考にしていただければと思います。




前職(介護職)を選んだ理由と仕事内容

yosx9805_tp_v

当時は若かったので「何でもいいから仕事がしたい」と思い、たまたま目にした求人に応募し、前職であった介護職に就きました。

介護職については「おじいちゃん、おばあちゃんは優しいので楽しく働ける。」といった勝手なイメージがありましたが、思いのほか大変で、時には命に関わるような責任感のある仕事だと実際に業務をして実感しました。夜勤もあって生活リズムは崩れ、突発的な残業も多いという現状を目の当たりにして「どこでもいい。」と安直な理由で仕事を選んだことを後悔しました。

前職は社内研修が無く、現場で学ぶ風潮があったのでいつもミスをするのではないかと思い仕事をするのが怖かったです。また、大変業務なのに給与が少ないという理由から仕事への意欲を無くしていく自分がいました。しかし、辞めるのは簡単ですが次の仕事が見つからないかもしれない不安やすぐに辞めることで社会ではどう見られるのかといったマイナス要因ばかり考えて動けませんでした。

人がいなくなるからチャンスができた

仕事をしていくにつれて不満が溜まり、心身の不調を感じるようになりました。このことがきっかけで「このままでは、転職をする機会を失うと感じていたので何か興味のある仕事、やってみたい仕事はないか?」と考えだしました。しかし、世の中にはどんな職種があるのか知らなかったため転職への行動が滞っていました。
まず職種を知る理由から前職の中で他の職種を調べたところ、介護職以外に事務職があったので、とりあえず事務職にチャレンジしてみようと思いました。前職は人の入れ替わりが激しかったので事務職も介護の補助に入ったりしていました。そこで居合わせた上司に「私に何かできることがあれば言ってください。」と声をかけたことがきっかけで、たまたま事務職に空きが出た時に事務の仕事を手伝わせてもらいました。

具体的に事務業務としてパソコンでの入力作業や書類の確認を行いました。作業に集中して取り組む業務が中心でしたが自分に合っていると感じました。その時に「事務職でやっていきたい。」と決心しました。

転職エージェントを活用し、転職活動を開始

これまでにちゃんと就職活動をしたことがなかった私にとって履歴書や職務経歴書を書くことから困難でした。どこかサポートをしてくれるところはないのかと探していたところ、ネット上でリクナビネクストさんの広告に目が留まり、早速連絡してみました。すると翌日に電話がきて面談を行うことが決定しました。
リクナビNEXT
面談では私のこれまでの経歴をカウンセリングしたり、私の志望する業界や職種を話し合いました。事務職を志望していると話すと「経歴を見る限り、とってくれそうな企業がない。」という返事をされ不安でした。でも、「意欲を見せると大丈夫です。」と励ましの言葉を頂いた上、これからの行動指針を示してくれましたので、何をしていけばいいのかが分かってスムーズに行動できました。

具体的なアドバイス内容としては事務職の資格をとって興味があるということを書類で見せるということです。未経験であればそうやってアピールすることが効果的であると言われ、すぐにパソコン資格の定番であるMOSや簿記3級の取得に励みました。秘書検定もアピールになると言われましたが、私は時間の関係上断念しました。仕事をしながらだったので、エージェントさんとのやりとりはメールで行いました。エージェントさんから送られてくる求人で興味があれば選考をお願いするといった感じで結果的に15社ほど受けました。

いざ面接へ

実際に応募するまで3か月ほど書類の添削や自己分析を行い準備してきました。もちろんエージェントさんの力を借りながら、時には土日に対応してもらいました。そのおかげもあって面接では自信を持って臨めましたし、「うまく言えなかった。」と感じ、エージェントさんに相談すると代わりに言いたかったことを伝えてくれたので非常に助かりました。結果的に2社から内定を頂きました。この結果に「全くの未経験ながら意欲を買っていただき、こんな自分でもいけたんだ。」と思い、とても自信がつきました。2社のどちらかを選ぶのは大変恐縮でしたが、面接官と相性が良かった方の企業を選ばせていただきました。

転職後の仕事と生活の変化

f:id:utr066:20160717220427j:plain

今の職場は自分の仕事にゆとりを持ちながらできるので、前職と比べると楽だと感じています。その理由としては仕事の内容が事務職になり、書類の確認やチェック、外部とのメールや電話での対応、パソコン入力といった現職が前職での肉体労働から一変したためだと思います。やはりバタバタしないで腰を落ち着ける仕事は集中できていいなと感じています。

特に転職して大きく変わったと思うことは急な残業がないので仕事終わりの時間を息抜きに使えているところだと思います。今では仕事仲間ができたので一緒に飲みに行ったり、趣味として何かに熱中するといったことができているのでとても充実しています。転職前は色々と不安がありましたが、転職して良かったです。

事務の関連記事
  • 接客業から事務職という異業種への転職は実績作りから始まりました
  • 販売職から事務職と全く違った業種への転職活動の苦労・実際に事務職へ転職して感じたこと
  • 公務員から民間への転職活動は苦労の連続でした
  • 病院の事務から保険会社へ転職!毎日定時に帰れるようになりました!
  • 年収が100万円ダウンした転職と3ヶ月で退職するまでの道のり
  • 【ガテン系から事務系への転職を試みる】職業訓練校からの這い上がることができるのか
おすすめの記事
会社の上司への怒りを解消する方法4選!
転職の仕方
仕事をしていると、多くの人が問題にぶつかりますが、最も多い悩みと言われているのが、人間関係の悩みです。会社内の人間関係はクライアントや同僚な...