学びたい一心で「化粧品販売アドバイザー」から「健康雑貨店販売員」へ転職




前職は化粧品販売美容アドバイザー(カウンセラー、エステ、肌診断等)

化粧品販売アドバイザーの仕事内容

化粧品専門店に、メーカーの部員として店頭へ立っていました。基本的に店舗は定まっていたものの日によって応援店舗へヘルプで出ることもありました。
道歩くお客様にお声をかけ、肌診断へとお誘いし、お時間がある方には実際にスキンケアやメイク品をお顔に塗らせていただき、新しい自分を見てもらう事も目的としてサンプリングを行っていました。
そうする事でエントリー獲得数を増やす事とブランドの知名度を上げる事が出来るので毎日行っていました。

前職を辞めた理由

様々な理由の積み重ねではありますが、まず一つ目はセクション店舗の奥様と相性が合わず、他メーカーと比べられる事が粗行われました。一度、他メーカーより実績を上に巻き上げた事もありましたがその時も「他メーカーの売り上げの妨害」などと言われ、会社に相談もしましたが、代わりに入ろうとする社員もおらず、異動も行って頂けませんでした。

2年弱踏ん張りましたが、恥ずかしながら身体的に限界がきてしまい、退職となりました。応援店舗も、県を2つ跨ぐほど遠くへ行かされる事がほとんどでした。面接時や募集要項に聞かされていなかった事でしたので、そういった不便も含め、退職しました。

転職

現職を決める上で重視した事

女性が美しくなる事や化粧品への関心は変わる事はありませんでしたので、美容に関するお仕事と関わる事は妥協しませんでした。そういう面に関しましては、前職で勉強しました肌知識やメイク実技は活かしたいと思い、前職ほどお客様との時間はもてなくとも、健康雑貨店舗の販売員としてもう一度ゼロから始めたいと思いました。

店頭での接客、化粧品の陳列方法なども学びたい一心でした。今回はあちこちの店舗ではない異動のない固定店舗での勤務も重視しました。

使った転職サービスはリクナビNEXT

リクナビnextを利用させていただきました。
また、大きなショッピングモールに入っている店舗も全てホームページ等で募集要項を調べていました。
リクナビNEXT

現職は健康雑貨店販売員(化粧品、ヘアケア、マッサージ機等)

nkj56_ripglosskesyouhin_tp_v

今の職場で働いてみて

精神状態も良好

前職と比べ、メリットとデメリットが正直両方ありましたが、精神状態は確実に今の職場に合っていると思います。先ず、私は時間に追われるのが好きで、その方がやる気が出ます。今の職場は雑貨店という事もあり常に人で溢れておりました。

前職は高級化粧品専門店での勤務でしたので、人で溢れるという事は、まずありませんでしたし、自分でサンプリングを行わなければ店頭に入ってくださらなかった事が殆どでした。また、他メーカーとの取り合いが酷く、お客様の綺麗よりも実績を気にしてしまっていた自分にも今思えばストレスの原因の一部だったといえます。

それに比べ、気軽に入っていただける雑貨店ですので、種類豊富な化粧品を手にとっていただき、気軽に質問していただける事も私にとって嬉しい事でした。お客様のお肌悩みに丁寧にお答えする事が出来、色々な色を試してみて頂くという接客は私にとって欠かせない事だと、転職しても心から思えた事でした。

ディスプレイ作りもできる

前職の化粧品のディスプレイ作りは全て店舗様の従業員や奥様がやられていたので、自分は手がつけれませんでしたが、転職をして担当をもたせていただいた今は、自分の手で新商品を発注、陳列してディスプレイを作り、お客様の目を引かせる能力も身につけれたと思います。

自分だけのディスプレイで可愛いと思って見てくださってるお客様を見かけるだけでも、心が弾みます。そういった楽しさも今の職場で初めて感じれた事でした。

店舗の従業員ならでは

前職では自分がメーカーでしたが、現職では自分が店舗の従業員ですので、取り扱いがあるメーカーさんと商談をしてどの商品を売っていくか、そういった話し合いも新鮮でたまりませんでした。自分が選んだ商品が売れれば売れるほど、こんなに嬉しい事はありません。

お客様のお顔に触れて、エステをしたりしていた前職に比べると、お客様との触れ合いは減ってしまったような気がして、その辺は寂しく思いましたが、お色味を一緒に見たり、肌へのアドバイスをしたり、また、化粧品だけではなく今の雑貨店ですとヘアケアやボディケアもありますので、勉強した後にそういったアドバイスも出来るようになった事はとても誇りに思っています。

余談ですが、ラッピング作業や包装紙の作業もやった事がありませんでしたので苦戦しましたが、出来るようになった今、とても嬉しい経験となっています。のし紙の種類等、未知の事も学べる事が出来ましたし、

メーカーさんが主催する新商品セミナーなどに足を運び、商品勉強も出来ることにも楽しさを感じています。季節に応じてこまめに売り場を変更する作業や、セミナーの場で自分で新商品を手にとって店に置くか判断する、そんな経験も今の職場になってから全て身についた事でした。
私は本当に転職出来て良かったと思っています。

販売の関連記事
  • 資格を活かしてコンビニの店長から薬の販売員に転職
  • 3Kと言われる仕事から販売職へ
  • 【スポーツインストラクター】1度限りの人生、後悔したくなくて転職【ドラッグストア】
  • 接客業がしたいと思い、経理アシスタントから販売員へ転職
  • 【営業アシスタント】いわゆるブラック企業から大手優良企業へ【衣料品販売】
  • 男社会(メーカー営業)から女社会(販売)へ転職
おすすめの記事
私が体験した介護業界のブラックな闇
ブラック企業
私は、医療系の専門学校を卒業してから、有名な障害者の法人で勤務していました。2年が過ぎた頃、以前にバイトをしていた法人の理事長から「〇〇さん...