転職活動はよくないこと?転職活動の方法論を紹介します




転職活動はよくないこと?

皆さんの中には転職することはあまり良く思ってない方が多くいらっしゃるかと思います。なぜそう思ってしまうのか、その理由はこんな理由ではないでしょうか?

辛い仕事から逃げてると思われる

辛いから辞めたい。疲れるから辞めたい。そう思って転職活動を検討する方が多数だと思います。辛いから辞める。疲れるから辞める。これは本当に悪いことなのでしょうか?

⇒私はそうとは思いません。今世の中には様々な職が求人を出しています。たまたま御縁があって入社した会社が自分に合うのかなんて誰もわかりません。何か複雑な理由がない限りは辛い状況で我慢し続けるよりも少しでも良くなる可能性のある環境に足を踏み入れてみるのが大事なのではないのでしょうか?

忍耐力がないと思われる

転職歴=忍耐力が無い。 そう思っているのではないですか?確かに勤続中に真面目に仕事に取り組んでおらず、惰性で過ごしていた人はそう見られてしまってもしょうがないです。ただ、一生懸命やってきて実績を残してきた方はそうは思われないはずです。色々なことを経験してきた人はどこにいっても即戦力です。そのなかで自分に合ったことを見つければいいのではないでしょうか?

転職活動をするには?

実際に転職をするとなったらどうすればいいのか?それについてお答えします。実際に私は他業界への転職をしており、転職したことを良かったと思ってます。

在職中に仕事を見つける

⇒忙しくてそんな時間はない。と思うかともいらっしゃると思いますが、これだけは守って頂きたいと思います。なぜかというと、仕事を失うと人は自然と焦りを感じてしまいます。徐々に金銭的に余裕が無くなってきて早く仕事を見つけないと...。こんな心理状態になってしまうとより良い会社を見つけることは出来ません。在職中にやりたい仕事を事前に見つけておき、金銭的にも心にも余裕を持って転職先を見つけましょう

会社への報告時期

辞める!そう決めたとしても上司へいつか話せばいいかわからないものです。よく聞く話だと半年前位には申告をしないと...。ただ、仕事が辛いと思ってる人に半年も待っている余裕なんてありません。法律では二週間前に申告をすれば会社は辞められるのです。

しかし、二週間前だと引き継ぎ等がしっかり行えず後任の人には多大なる迷惑をかけてしまいます。また、クレームをほったらかしにしたまま退職をすると辞めた後でも会社から電話が来ます。出なくてもいいとは思いますが、その場合実家に連絡がいったりもします。

クレーム案件をたくさん抱えている人はしっかり報告をしてから退職をしないと後々苦労するのは自分です。場合によっては損害額を負担させられる可能性もあります。心に余裕がある人は半年~3ヶ月前、辛い人は1ヶ月前くらいに申告をして全てクリアにしてから退職をする。これがベストだと思います。

職はどこで探す?

インターネットが普及している現代では様々な方法があります。転職サイト(マイナビ転職・リクナビnextなど)、ハローワーク、気になる会社のHPの募集を見る。オススメはハローワークと会社のHPです。

転職サイトの使い方に気をつける

転職サイトも使い方を気を付ければ便利なサイトです。しかし、中には『28歳年収1000万』『ノルマ無し未経験者大歓迎』こういった内容の求人が多くあります。稼げていいじゃないか?そう思われるかもしれないですが、よく考えて下さい。中には20代で1000万以上稼ぐ凄腕プレイヤーもいます。ですが、中途採用のいちサラリーマンがそんな簡単に大金を稼げると思いますか?答えは無理です。

何か誰にも負けない才能をお持ちの方なら可能性はありますがそんな人は起業してもっと稼いでます。現実を見ることも時には大事です。

ノルマなしで未経験にも優しい。いい会社だと思いませんか?私は思いません。こんないい会社なら人は辞めないので募集なんて滅多にないはずです。人手不足だからとりあえず数を集めて使える人間だけを大事にする。大手の会社だとこういう内部事情があります。

特に建築業界・飲食業界は人の出入りが激しいので注意が必要です。ハローワークですと労基の監視があるのでそこまでブラックな求人はないはずです(中には条件と少し違うといった声もあります。)ただ、全てが条件通りの会社なんてアルバイトでもありませんのでそこは目をつぶって下さい。

会社のHPなら大々的に嘘求人を出すわけにはいきませんから詳しい詳細までしっかり書いてあり、信頼性が一番あります。気になる企業、職種があるかたはその会社のHPをチェックしてみてはどうですか?

ハローワークを利用するメリット

ハローワークでは仕事を探す以外にも失業した場合にもらえる手当(失業手当)や再就職したときに貰える手当(再就職手当)の申請ができます。上記を貰うためにはハローワークへ行きいくつかの申請をしなければなりません。その中に、『仕事探しをした実績』が必要になってきます。

転職サイトを利用した場合でも実績としてカウントもされるようですが場合によっては受理されない時もありますので、不安な場合は直接ご確認下さい。また、履歴書を書くときや面接の練習にも協力してくれます。

ハローワークの職員も今まで何人もの転職をサポートしてきたプロです。自分では気にならなかった部分も細かく指摘してくれます。その他にも転職の流れを丁寧に教えてくれます。ネットの情報だけではどうすればいいのかわからない場合は一度相談へいくのもありです。最近は土曜日もやっている所もありますので、在職中でも活用することができます。

まとめ

転職は不安、良いことはない。そう不安がっている方も思いきって転職活動をしてみましょう。特に精神的に苦しんでいる方々、そのまま辛い環境で働いていても体に悪影響なだけです。どんな仕事でも体が資本です。体調を崩してしまったら人生そのものが良くない方向へ進んでしまいます。

今の時代、終身雇用は難しいものです。突然のリストラ、SNSの発展により人間関係も複雑になっています。これから何十年も働かなければいけないわけですから少しでも自分にとってやりやすい環境を選ぶべきです。会社はあなたを選ぶ権利がありますが、あなたも働く会社を選ぶ権利があります。

世の中にはたくさんの会社があります。きっとあなたにとって魅力的な会社が見つかるはずです。一度きりの人生なのですから楽しい方向へ歩いて行きましょう。転職で悩んでいる方は上記の項目を読んで転職活動の参考にしていただければ幸いです。これからも素敵な人生を歩んでください。

  • 会社員を続けながら転職活動をした方が落ち着いて企業を探せるのではないか?
  • 十数年一社で勤めた会社を退職して転職活動!
  • ブラック企業の見分け方と転職で大切なこと・聞かれた質問
  • 零細企業から大手企業への転職で感じた職場環境の違い
  • 職場の嫌いな人との上手な付き合い方4選!
  • 退職後の転職活動において規則正しく過ごすのが大切!退職後規則正しく過ごすための方法とは?
おすすめの記事
医療系からのCADの仕事にたどり着く
デザイン・制作
前職では歯科助手をしていました。業務内容としては歯科医院での診療介助、診療の準備、受付対応、診療報酬請求など、その他診療の為の器具の消毒など...