【ピアノ講師】本当にやりたかった仕事から限界を感じ自分の好きなものとスキルを活かした仕事に

前職は音楽やバンドが大好きだったので給料も最低限、仕事の時間も長く休日はなし。

やりたい事だから出来ましたが、仕事面では全く関係ない事で評価をつけられ頑張っても頑張っても理解されませんでした。

音楽が好きな事には変わりがないので元々得意で検定も持っていたピアノ講師へ。




前職はライブハウスの店長

前職の仕事内容

ライブハウス(音楽をやる場所)の店長ですので、主に利用してくださるバンドさんや団体さんへのブッキングや全体的な管理、楽屋やステージなどの施設管理、人事(音楽機材や照明を使うのでその専門学校を出ている方や知識やスキルのある方の面接や雇用等)、インターネットによるHPの製作、更新等全て。全体的に職場を回す立場に居ましたのでほぼ全ての事に関与しているポジションでした。
ライブハウス言っても小規模なキャパシティが200〜300人程度の場所でしたので、利用されるバンドさんや楽器奏者さんがアドバイス等をという事もあれば、ミーティングという形で音楽の討論の場を作りコミュニティを広げていくという事もやっておりました。

前職を辞めた理由

一般的な会社等にはない事なのですが、音楽をやっている人間は年功序列を重んじる風潮があります。

正にバンドは縦社会そのものなのです、この風潮はお笑い芸人の方も近しいものがあります、音楽における経験や年数、年齢が非常に重要視されます。
私はこの仕事に就いた時に10代でした。
主に利用して頂く方々がバンドや音楽をやっている方なので、私は仕事面をキチンとこなしていても、言い方は悪いですがこのライブハウスを主に利用される方からは【10代の糞ガキ】という評価しか得られなかったのです。
このライブハウスは老健と呼ばれており、たくさんの方が音楽の登竜門として利用してきた事もあり、当時私を雇用してくれた社長となんとか持ち直したいという想いでひたすらやってきました。

持ち直し案の中にインターネット上でホームページを作るなどや、ここのライブハウスを利用して下さるメリットとして、無償でCD通販代理を行うインターネットサービス等も私と社長で考えて出したものです。

賛同してくれるスタッフも多くスタートを切って数年間、実際的な売り上げの向上にはなっていましたが、主な利用者のバンドをやってらっしゃる方からの私の評価と言うものは【社長のすねがじりで店長になった糞ガキ】に変わっただけで時には直接の罵倒を受けた事もあります。

1つ例に出しますと「お前みたいなガキが店長のライブハウスなんかでやるか!」この手の事はほぼ毎日言われていました。

頑張って実績も売り上げも出してきましたが、利用者の方からの評価がそれでは笑顔で仕事も出来なくなってきました。
それ程、年功序列と言う派閥に近いものが強かったのです。
一緒に頑張ってくれていたスタッフさん(正社員も含む)や社長は本当に若くても30代〜でしたが、私の事を年齢と言う色眼鏡を掛けて見ていませんでした。

実績が出ればおめでとうと言ってくれましたし、自分と一緒に頑張ってくれていたのは救いでした。

頑張ったら解って貰えると信じてやってきても、お客さんの立場の方からの差別的にも近い対応や侮蔑はなくなりまえせん。

やるだけの事はやったけれど伝わらなかったと心身共に疲れて退職する事になりました。

現在はピアノ講師に

元々小さい頃からピアノを習っていたので、YAMAHAやKAWAIのグレードの上級資格を持っていました。

それを活かせて尚且つ好きな音楽と言うものからは離れたくなかったので今の仕事に就いています。

現在の仕事内容

小学生の子達のクラスを受け持ち、主に15人〜18人程度を一コマとするレッスンを講師と言う立場でしています。

もっと小さい幼稚園ぐらいの子のリトミック(音で遊びながら音楽の感覚をつけていく)や個人レッスンで大人の方人マンツーマンでピアノを教えたりしています。

今の職場で働いてみて

本当にやりたくて始め、勤めてた仕事とは違う形ですが大好きな音楽に携わることが出来ているし、素直に自分が教えている子供達が音楽に興味を持ってくれたり上達したりは嬉しいものです。
自分が小さい頃からやってきたものが資格やスキルとなって使えるのも利点です。

前の職場は自分が休むと回らなくなるので、一切休みもありませんでしたが、この仕事になってからは休みがないという事も全くありません。休みもキチンと取れているし少し保守的ですが、大手なので給料面の心配も一切ありません。
以前の仕事は労働時間もとても普通の量ではなく、かなりのオーバーワークでした。給料面でも高校生が頑張ってバイトをしたら何とかなる程度の賃金。長い目で見ても安定しているので、転職してよかったと思っています。

商業系の資格も結構持っているので、OLさんでもやろうかと転職に悩んだ時は考えたりしましたが、私の場合は好きなものを仕事に出来ているので、その点多少の嫌な事があってもストレスフリーで働いていけると思います。

少し普通の就職・転職とは違う部分もありますが以上が私の転職の体験談になります。

教員・講師の関連記事
  • 教師を一週間で退職した私がホワイト企業に転職した経緯
  • 【ピアノ講師】本当にやりたかった仕事から限界を感じ自分の好きなものとスキルを活かした仕事に
  • スイミングコーチから印刷業へ転職しました。
  • 【自分の力量に合った仕事場へ】販売職から教員へ転職
  • 英語を仕事に活かしたいと思い「IT企業の営業」から「英会話講師」へと転職!
  • 若い今しか決断できない!「アミューズメント企業」から「放課後スクールの教員」への転職
おすすめの記事
経理で6年ほど働き、書店員へ転職!
販売
経理職として経費の科目判定や月次決算作成業務といった管理会計業務から、請求書作成や買掛金支払い業務などの財務会計業務まで幅広い仕事を担当して...