【保育士からアパレル販売員へ】後悔したくないので思い切って転職




保育士になったきっかけ

私は以前は保育士をしていました。保育士になろうと決めたのは高校三年生の時でした。
もともと子どもが好きだったのですが、特に将来のことなど考えず高校時代を過ごし、進路選択の時になんとなく子どもが好きだから保育士になろうかなと思ったのがきっかけでした。

高校時代はほとんど遊んで過ごし、自分の将来など考えもしていなかったので、保育士に決めたのはとっさに出た思いつきというのもありました。

進学校だった為に、周りの友人や親も進学せずに就職という考えはなかったので、何かしら進学しないといけない雰囲気に流され決めた感もあります。

そして、自宅から通える範囲で保育士の資格を取れる短大を探してそこを志望校に決めました。
そしてあっという間に受験も終わり、春からその短大に通うことが決まりました。私立の女子短大で、偏差値が高いような短大ではなかったのでスムーズに合格することができました。

入学してからは華の女子大生ということもあり、今までとは違う出会いや遊びの場がありハメを外すこともありましたが、親にお金を出してもらって進学した以上絶対に資格をとって卒業しなくてはいけないという思いがありました。なので、授業は休むことなく出席し教育実習も全て真面目に取り組みました。

二年間なのであっと言う間でしたが、なんとなく決めた進路だったわりに充実した短大生活が送れたように思います。

卒業が近づき、今度は就職活動になりすが、もちろん保育士としての就職先を探しました。周りの友人は違う職業に進む子もいましたが、私は教育実習で子どもがたちと触れ合いやっぱり子どもが好きだと思ったからです。

私の地元は田舎で私立の保育園や幼稚園はほとんどなく、公立の保育園への就職を希望しました。無事卒業すれば、保育士と幼稚園教諭の資格を取得できるのですが、私は年齢の低い子どもとの触れ合いが特にやりがいを感じたので保育園を希望しました。

希望者が少なかったこともあり、面接と筆記試験だけですんなりと就職も決まりました。公務員の臨時職員としての採用でした。

そして卒業後、保育園で働くことになり無事保育士の資格も取得できました。
初めての社会人、初めての仕事ということもあり、わからないことだらけでしたがいざ働き出すと子どもたちの無邪気さが支えになりとても楽しく仕事に取り組むことができました。

担任の先生について副担任というポジションでやらせてもらったのですが、担任の先生も親切に指導してくれるのでスムーズに仕事を覚えることができたと思います。ですが、体力的にはかなりキツく夏には日差しで熱射病になったりすることもありました。それを除けば、子ども好きには天職でした。

転職を考えるきっかけ

毎日子どもたちと楽しく過ごし、成長を見届けることがやりがいとなっていましたが、少しづつズレを感じるようになってきました。働いて1年くらいの時です。
一つは給与体制です。初めは無知だったのもありますが、12、3万という手取りが少なく思い不満に思うようになりました。
もう一つは、私が洋服が好きでアパレルの仕事に興味が出てきたことです。

田舎でずっと暮らしてきて、このまま華やかな世界を知ることもなく憧れの一人暮らしをすることもなく年を取っていくことが嫌になっていたのです。

しばらく悩んだのですが、一度の人生を後悔したくないので思い切って転職することにしました。もちろん親に対して罪悪感はありましたが…。

園長先生に話すとすんなり理解してくれ、半年後に退職することになりました。

憧れのアパレル販売員へ

思い切って退職し、数ヶ月バイトをしてお金を貯めて一人暮らし資金を貯めました。
そして希望しているアパレル販売員の求人を探していたところ、ちょうど自分が以前から好きで憧れていたブランドから求人が出ていました。

アルバイトからでしたが迷わず応募し、引っ越しと同時くらいに面接も決まりました。
保育士を退職した時から勢いがついていたので、後悔だけはしないようにしっかり自分をアピールしなんとか採用してもらうことが出来ました。

初めての一人暮らしと憧れのアパレル販売員の仕事。なかなかハードでしたが、好きな洋服に囲まれて過ごす毎日は刺激的で、辛いこともたくさんありましたがやりがいの方が多かったです。
思い切って退職した保育士の仕事でしたが、私にはアパレル販売員の方が向いているようでした。

初めは900円の時給からのスタートでしたが、少しづつ時給があがり、契約社員になり、そして社員になることができました。そこまで2年半ほどかかったと思います。

それまでに辞めてしまう同期もたくさんいましたが、私は田舎から出てきてちょっとやそっとじゃ辞めれないという意地があったので続けることができました。

結局あっという間に7年が経ち、今は寿退社をしてしまいましたが私の転職は正しかったと思います。
給与や職種、仕事内容などさまざまですが、今の職場に違和感を感じるようであれば行動あるのみだと思います。ズルズルと時間を無駄にしないように勇気と覚悟を持って行動すれば必ず結果はついてくるはずです。

【リクナビネクスト】「アパレル」検索結果

アパレルの関連記事
  • 資格のない私でもアパレルの販売員として転職することができました!
  • 【保育士からアパレル販売員へ】後悔したくないので思い切って転職
  • 【子育て中の働き方】アパレル販売と介護職
  • 営業事務からアパレルへ転職、のびのび働ける環境へ。
  • 心身不調になり・・飲食からアパレルへの転職を決意。
  • 飽きてしまう自分を変えたくて、飲食店からアパレル業界へ転職
おすすめの記事
転職活動、なかなかしんどかったです
販売・サービス・運輸
私の略歴をまず説明します。 私は大学卒業後、油剤メーカーに営業職で就職しました。 3年勤務した後、現職である海外進出企業向けコンサルティング...