【教育から営業へ】憧れの職業とは正反対の職業が楽しかった体験

前職はオフィスの中で事務仕事、次の職業は外に出て営業。
正反対の職業で、やりたいこととは違いましたが、私の場合、転職して良かった点が多々ありました。




前職は教育関連

仕事内容

民間企業の教育関連会社に、初めの1年は派遣社員として働き、その後、正社員として雇って頂きました。
教材作成や教材準備、教室準備や清掃、先生のスケジュールなど運営業務が主でした。

やりがい

教育関連の職場でしたので、もちろんやりがいはありました。
自分のやりたかったこと、好きなこと、勉強になることばかりで、講師をしている先生方を尊敬していました。
少しではありましたが、生徒さんと接していく度に「やっぱりこの仕事はやりがいを感じる!」と思っていました。

転職のきっかけ

通勤

初めは、ビジネス街で働くことに憧れて、多少遠くても大丈夫!と思っていましたが、毎日の事なので、通勤に1時間以上かかる場所は大変でした。(今思うと…考えが甘かったのです)
朝は電車が遅れることもあったので1本早い電車に乗り、夜は終電ギリギリなので間に合うように小走りで帰ることばかりでした 。

プライベートな時間がない

友達と遊ぶ機会が減り、また家族との時間や、自身のプライベートな時間も全く取れずにいました。
仕事仕事…と頭がいっぱいになっている自分が虚しく思えました。
人生は一度きりなのに、大切な友達、家族のために時間が取れる所が良い!と考えつきました。
次は両立できるところへ…と時期を見て退職しました。

就職活動

優先順位を決めてから

私は、仕事を探す時に重視したことは、職種よりも、仕事の形態でした。
まず希望の形態を具体的に全て書き出して優先順位を決めて探す事が大事だと思います。
私の希望形態

  • 仕事時間は9時~17時
  • 残業は週2ほど
  • 通勤時間は30分以内 ・・・などなど

紙に書いておくことで、決めた事を忘れずに、明確に探せると思ったからです。
これはオススメの就活アイテムだと思っています。

次は行動

ハローワークへ通ったり、リクナビ転職サイトを見て、面接へ行き、希望通りの所か考えました。
しかし、しっくり来るものがない状態が1ヶ月ほど続きました。
そんな時、たまたま昔から仲良くしている保険営業の方からお仕事のお誘いがあり会社説明会へ参加しました。

入社の決め手

営業は難しいだろうし…ましてや、やりたいこととは全然違う!と迷っていました。
しかし、仕事の形態を説明して頂いたり、パンフレットを読み返すと、私の希望にピッタリ当てはまっていました。

前職を辞めたきっかけは、プライベートとの両立だったので、『そこを重視しないと…前の仕事を辞めた意味ないもんね?』と自問自答を繰り返して思いきって入社を決めました。自分自身ができるのか試してみたかったのかもしれません。

仕事内容

保険の営業はまず勉強から始まり、資格試験もあります。保険に対する知識を知ることができ、自身の日常で役に立つと考え、前向きに勉強をしました。
また、お客様に会う前には、事前の準備を念入りにして向かいます。
時には商品の話だけではなく、世間話で盛り上がったり、お一人お一人に合った保険を選ぶ度に楽しくなっていきました。

やりがい

前述した通り、お客様の事を考えて、それに沿った保険プランを提案していくなかで、やりがいを見つけました。
またお客様も会う回数が増えるなかで、悩み事や楽しい話をしてくれるようになり、人間関係が積み上がっていく所にやりがいを感じました。
いつしか、私の目標は、「あなたが保険営業の人で良かった」と思って頂ける営業をしたいと日々の中で感じました。

良かった点

大手企業の保険会社のため、土日出勤すると必ず平日のお休みがありました。
プライベートとの両立も充実していたので仕事の効率もあがっているんじゃないかと感じることがありました。

また結婚後も仕事を続けていましたが、妊娠がわかってから産前産後休暇に育児休暇を1年以上頂きました。福利厚生の大切さを実感しています。

転職してみてわかったこと

新しい自分に出会える

転職するまで気づきませんでしたが、意外にも自分は人と話すことが好きで、営業を楽しんでいる事に気が付きました。
憧れはオフィスで事務作業をこなすような仕事でしたが、憧れとは正反対です。
頭では、こういう仕事が合ってるだろうと思っていても、意外と違う仕事の方が向いている事もあるかもしれません。

やりがいを見つける

どんな仕事、職種であっても、やりがいを見つける事で、楽しくなっていくと思います。
例え苦手な事であっても、やりがいを感じていくなかで、目標が見えてくるのではないでしょうか。
いろんな職業があって、どんな仕事も人のために役立つ事ばかりなので、やりがいを見つける事は思っているより簡単だと思います。

転職で大事な事

前述しましたが、仕事をする上で優先したい順位を紙に書き出すことが大事だと思います。
コロコロと転職するのは、なるべく避けたいですよね。
明確な目標を持って行動することが良いと思います。
また、憧れとは違う…と切り捨てるのではなく、視野を広げて仕事を探すことは、転職に必要なのではないかと私の体験から思います。

営業の関連記事
  • 土日祝日休みを求めて転職開始!家電量販店を辞めた後に転職活動したらこうなった
  • 【消費者金融から医療器具の営業職へ転職】同じところでずっと働き続けることが美徳という考えは捨ててしまっていい
  • やりがいを求めて銀行・ネット回線の営業を経て広告代理店へ転職
  • 給与よりやりがいを求めて証券会社から求人サイトの営業へ転職
  • 低収入の25歳保育士の転職。収入アップを目指して営業職に転職
  • 【アパレル販売員からコールセンターの電話営業へ】転職してよかった
おすすめの記事
簡単に履歴書を作るならyagishがおすすめ
転職の仕方
転職しようと思っていざ面接を受けようと思っても、必要になってくるのが履歴書。正直書くのは面倒くさいし、この手間をもっと短時間で行えないものか...