子供との時間を持つため、人材紹介会社から中小企業の営業マンへ

前職では人材紹介会社に勤めていましたが、夜遅くまで仕事し毎日帰りが遅く、休日も出勤することがあり、子供とほとんど時間がとれない状況が続きました。
この状況を何とか打開したいと思い、商社への転職を決意しました。私と同じような悩みを持っている方の参考になれば幸いです。




前職は人材紹介会社

人材紹介会社の仕事内容

私が勤めていた人材紹介会社といっても医療機関に従事する方(医師や看護師など)の人材紹介を行っておりました。

また、他には求人広告の営業も行っておりましたので、それぞれについてどんな仕事内容だったかについてまずは説明したいと思います。

人材紹介の流れとしてはネット上での問い合わせに対してこちらから連絡をとり、面談の設定を行います。この時点でも最初は警戒されてなかなか会っていただけないことも多いのですが、何とか面談にもってくることが出来ると、次はクライエントの要望を聞きます。

そして、希望に合った求人を提案し、医療機関との面接を実施したのち、双方で合意があれば入職が決まり、手数料が入るという流れになります。
次に求人広告営業についてですが、医療機関に対して人材を募集するための求人をインターネット上に掲載する広告を提案する営業です。

掲載してもらうことで成果が出ればいいのですが、現実は厳しいものがあり、掲載頂いてもなかなか採用につながらないといった現状がありました。

前職を辞めた理由

前職を辞めた理由としては、夜遅く仕事をせざるを得ない状況と休日も出勤せざるを得ない状況に体が疲れ果て、子供との時間も取れなかったためです。

具体的に説明しますと、人を相手にしていることもあり、相手の方の都合の良い時間にあったり、連絡をとったりする必要があります。

そのため、場合によっては夜の9時・10時以降に連絡を取り合ったりすることもありました。

その後で書類をまとめたりということを行っていると帰りが遅くなってしまうという状況になります。

加えて、営業成績が悪いと休日出勤をしてでも成果を求められる雰囲気が社内にはありましたので、サービス残業という形で出勤せざるを得ない状況でした。そういったことが重なり心身も疲労し精神的にも辛い時期が続きました。
また、子供と一緒に過ごす時間が取れないのも理由で挙げましたが、子供が小さいうちは出来るだけ関わる時間を持ちたいと思っていましたが、前職の勤務状況ではそれも叶わないという状況でした。
以上のような理由から転職を決意しました。

現職は商社の営業マン

転職をするにあたって

転職活動をするにあたっては転職サイトのDODAリクルートを利用しました。エージェントの活用ではなく、求人広告から応募するというスタイルです。

当初は何社かにエントリーし、いわゆる書類選考という形がとられましたが、最初の書類選考で落ちるという状況が続きました。

その度に記入する内容を精査し改善を図っていく中で徐々にではありますが、面接に進める回数が増えてきました。その中で今の会社に縁があって入社することができました。

決め手となったポイントは以前に勤めていた業界と似た業界だったことです。

ある程度年齢もいってましたので初めての業界というよりかは少しでも経験した業界の方が入り込みやすいと思い入社を決めました。
リクナビNEXT

今の職場で働いてみて

現在は得意先へ対してルート営業を中心に行っていますが、前職と比べると無駄に夜遅く残ることもなく、休日も出勤することがなくなり、私が求めていた状況で働けています。

当然、仕事状況によっては夜遅くなることもありますが、その分他の日で早く帰れたりとバランスをとった勤務が出来ています。

また、周りの方も温かく迎えて頂き、良い雰囲気の中で仕事が出来ています。

仕事を切り上げる調整をしやすくなったことで、子供と過ごす時間を増やすことができ、妻と子供も喜んでくれています。

子供との時間が充実することで仕事にも良い影響が出るといった好循環が生まれていると感じています。転職する際には不安もありましたが、今では転職して良かったと思っています。

これから転職を検討している方へ

私からのメッセージ

転職を考えるには人それぞれ色々な理由があるかと思いますが、自分自身が大切にしたいこと、これだけは譲れないことは何かを改めて振り返った時に、今の職場でそれが実現できない、障害となっていると感じるのであれば転職をする時期なのかもしれません。
私の場合はそれが子供との時間を持ちたい、大切にしたいという思いだったため、それが実現できそうな企業を選びました。当然、何かを優先することで何かを我慢しなければならないことは出てくるとは思いますが、そういったことも全て含めての転職だと思います。

転職をする上で大変なことも多々あるかとは思いますが、自分自身を信じて前に向かって進んでいってもらえればと思います。
このメッセージが読んでくれた方に少しでも力になれば幸いです

営業の関連記事
  • 土日祝日休みを求めて転職開始!家電量販店を辞めた後に転職活動したらこうなった
  • 【消費者金融から医療器具の営業職へ転職】同じところでずっと働き続けることが美徳という考えは捨ててしまっていい
  • やりがいを求めて銀行・ネット回線の営業を経て広告代理店へ転職
  • 給与よりやりがいを求めて証券会社から求人サイトの営業へ転職
  • 低収入の25歳保育士の転職。収入アップを目指して営業職に転職
  • 【アパレル販売員からコールセンターの電話営業へ】転職してよかった
おすすめの記事
医療系からのCADの仕事にたどり着く
デザイン・制作
前職では歯科助手をしていました。業務内容としては歯科医院での診療介助、診療の準備、受付対応、診療報酬請求など、その他診療の為の器具の消毒など...