自分と家族の事を考えてブラック企業から大手通信事業社へ

訳あって大学を中途退学し、その時にアルバイトとして勤務していたインターネットカフェにて正社員登用していただき、約6年間勤めていましたが、28歳の時に転職をしました。
転職先は大手通信事業社の営業職です。




前職の仕事内容と年収

インターネットカフェの店長兼エリアマネージャーとして、アルバイトスタッフの採用や育成・キャンペーン企画等の店舗営業全般に携わっていました。
アルバイトを除く社員は私を含め7名の小規模な企業でした。退職時の年収は約500万円でした。

転職を決断したきっかけ

前職の就業規則では「実働9時間・週休2日」との記載があるものの、実際は規則の記載通りになる事はほとんどありませんでした。
アルバイトを起用していましたので、予期せぬスタッフの欠勤等で休日出勤になることもありました。
また、退勤後にトラブルが発生し、再出勤する事もありました。
新規店舗オープンの業務に携わり、1ヶ月以上の連勤になったこともありました。

残業や休日出勤は「時間外勤務手当」として月額固定支給となっておりましたので、どれだけ残業や休日出勤をしても収入が増えることはありませんでした。

また、店舗が24時間営業ということもあり、休日は大概夜勤明けとなってしまうことが多く、休みの日に寝溜めする生活がずっと続いていました。
当時同級生からは「ブラック企業だね。まあ高卒じゃ仕方ないか。」と少し馬鹿にされていました。

若かったという事もあって、体力的にキツいと思った事はありませんでした。
また、同級生と比較しても手取りの額面は良かったので、「辞めたい」と思うような事はありませんでしたが、その状況について考えさせられる出来事が起きました。子供が産まれる事になったのです。
自分が父親になるのかと実感した時、こんな生活をしていて果たして良いのだろうか?ほとんど家に居ないので子供に父親と認識してもらえるのだろうか?

子供に寂しい思いをさせないだろうか?と様々な思いが巡り、考えに考えた結果、もっとワークライフバランスの良い会社へ転職をしようと思いました。

転職

現職を決める上で重視した事

前職では24時間営業が影響し、生活リズムがかなり不規則でした。
そこから脱却する為にも、24時間営業や夜勤のある業種を避けて選定しました。
また、同級生を見返してやりたいという気持ちが強くありましたので「ネームバリューのある有名企業」を必死に探しました。
業種にはあまり拘らず、未経験者OKとなっている企業をリストアップしていきました。

利用した転職サービス

大学を中途退学してバイト先で正社員登用をされましたので、就職活動の経験が全くありませんでした。転職するにあたって「何をどうすれば良いのか」が全く分からない状況で転職活動がスタートしました。インターネットで色々と調べた結果、リクナビNEXTを利用する事にしました。
リクナビNEXT
リクナビNEXTを選んだ理由は、初めて転職活動をする私にとって、有益な情報がたくさんあったからです。例えば、効果的な自己PRの書き方や職種別の職務経歴などのサンプルがありましたので、アピールが苦手な私には非常に役立ちました。
また、自身の情報を登録しておく事で、興味を持ってくれた企業からオファーがくる「スカウトサービス」もありましたので、勤めながら合間を縫って転職活動をする私にとっては、非常にありがたいサービスでした。

そして転職成功へのノウハウ情報も充実してましたので、どのように転職活動をすればいいのか、面接はどの様に挑めば良いのか等、具体的にイメージする事が出来ました。

応募先の選定にあたっては、転職口コミサイトの「転職会議」を参考にし、思い通りの転職をする為の情報源として活用しました。
特に「ネームバリューの大きな有名企業」の口コミ数はかなり充実しており、実際に働いた事がある人にしか分からないような事も書かれていますので、非常に参考になりました。

転職先と年収

大手通信事業社の営業職として入社しました。本社は東京ですが、大阪に住んでいますので大阪支社に配属して頂けました。
未経験の業界という事に加え、初めての営業職でしたので不安が大きかったのですが、3ヶ月間の充実した研修のおかげで、問題なく営業活動が出来ています。
入社初年度の年収は約450万円でした。

転職後の年収は前職と比較して少し下がってしまいましたが、前職には無かった年次昇給もありますので、次第に差は埋まってきています。また残業代も全額支給されるようになり、頑張り次第で貰えるインセンティブも嬉しいです。

そしてなにより、私が求めていた「ワークライフバランス」がかなり良くなりました。
前職では全く取る事が出来なかった有給休暇も遠慮無く申請出来る環境となりましたので、非常に満足しています。
また、かなりネームバリューの大きな会社に入社出来ましたので、同級生はかなり驚いていました。

現在32歳ですが、前職のままならそろそろ体力的にキツいと感じていたかも知れませんので、転職して本当に良かったと思います。

転職をする時の留意点

転職には必ずリスクが伴うと思います。
例えば大きく年収が下がってしまう人もいれば、今よりも状況が悪化してしまう人もいると思います。
そうならない為にも企業の募集要項等を鵜呑みにせず、転職口コミサイトなどを利用して、しっかりと情報収集する事をお勧めします。

そして退職を伝えるタイミングは、内定をもらってからの方がリスクが少なくて済むと思います。
勤務しながらの転職活動は時間がなく、体力的にも中々大変とは思いますが、退職を先にしてしまいますと収入がなくなってしまい、生活出来なくなる恐れがあります。

私の体験談が少しでも多くの方々の参考になる事を願っています。

  • 会社に入社して一日で辞める決断をしてフリーターになった私の今までとこれから
  • フリーターが本気で飲食業界に転職するまで
  • ツアーコンダクターとして即戦力と言われた私の転職はハローワークからでした
  • 【携帯ショップ店員から航空のグランドスタッフ】夢を叶えるため、給料が1/2になっても転職決意
  • 同じ営業の互助会でもやりがいを感じる補聴器店へ転職
  • 【運転士候補生】子供の頃の夢を30代で実現させる為の転職
おすすめの記事
転職時に確認すべき項目3選!
転職の仕方
「あの同僚、上司が嫌だ」「給料が上がらない」「残業が多い」など、もう転職してやる!と思う理由はたくさんありますよね。でも本気で転職しようと思...