リクルートエージェントの面談前までの流れを体験したので説明する

転職活動の際にリクルートエージェントを使ってみました。

リクルートエージェントに登録してから、面談を行う前までの作業についてこの記事では書いていきます。

 

リクルートエージェントってよく聞くけど、登録したらどういう風に面談まで進むの?

というような疑問を持っている方の参考になれば幸いです。




リクルートエージェントに登録

 

まずは、リクルートエージェントに登録します。

登録すると、以下のようなメールが送られてきます。

この度はリクルートエージェントの「転職支援サービス」にお申し込みいただき、
誠にありがとうございます。

1週間以内に担当者より、メールもしくはお電話にてご連絡いたしますので、
今しばらくお待ちください。

よくあるやつですね。その後、担当者から面談日程はいつがいいのかという連絡がきます。

来たメールのリンクから自分の都合の良い日程を登録します。

日程を登録したら、再度連絡が来るのを待ちます。日程が合わない場合は、別の日程を提示するように言われ流ので、その際には別の日程を言ってあげましょう。

日程が決まったら、キャリアアドバイザーの〇〇さんという方からメールが届くはずです。この方と面談を行うようです。

面談前にやっておくことがメール内で提示されるので、準備しておきましょう。

・パーソナルデスクトップ(PDT)の立上げ、
・書類のご提出(キャリアシート/職務経歴書/アンケートのご返信)

【キャリアシート:作成にあたっての所要時間は10分程度です】
・ご案内している「お客様専用WEBページ(Personal Desktop)」で作成いただけます。
・添付用の写真をお持ちであれば面談時に1枚お持ち頂ければ幸いです。(必須ではありません)
・現在の年収を記載いただく欄がございます。
ここには、源泉徴収票上の金額(税引き前)をご記入ください。
月収×12+賞与が年収欄とほぼ一致するように計算確認をお願いします。
・学歴について 最終学歴だけでなく、高校(義務教育以降)について全てご記入ください。
・主な職務・役職については、箇条書きで結構です。

【職務経歴書:作成に当たっての所要時間は1~2時間程度です】
・職務経歴書はフリーフォーマットになります。A4サイズで、1~3枚程度以内で作成ください。
・作成途中のものでも結構ですので、面談前にPersonal Desktopからご提出いただくか
Mail添付にてご返送いただければ助かります。
・既に作成済みの職務経歴書がございましたら、それをお送りいただいても結構です。
・面談当日、職務経歴書の添削も実施しますので、まずはできる範囲で作成ください。
・リクナビNEXTをご利用の場合、ご登録時の情報を出力できますので、
添付ファイルをご確認ください。

えーっと、パーソナルデスクトップとやらを立ち上げて、キャリアシートを書いて職務経歴書を書くと。。

クソ面倒臭いですね。長い。一つのメールにかなりの文量があるので、圧倒されますね。

 

自分はエンジニア何ですが、これを見た瞬間転職エージェントは使わないでwantedlyとかで話を聞いていくだけでいいんじゃないかなとも思ったりした。

提出するものがありすぎますね。まあやっておいたほうが良さそうなので、その日に向けて準備します。

転職面談前の準備をする

 

□キャリアシート(履歴書)
□職務経歴書
□事前にアンケートのご回答をお願いします。

メールに記載されていた上記の作業をします。PersonalDesktopというものを使うように書いてあるのでそれを使う。

Personal Desktop

PersonalDesktopはキャリアシートや職務経歴書を管理してくれるサービスらしい。

いろんな項目があって、自分がやったこととやっていないことが一目でわかる。

サイトのレイアウトが若干イケてない。

キャリアシートを作成する

キャリアシートはPersonalDesktopから作成できる。

よくある何年生まれで、学歴はどんなんで、どんな資格持っているの?みたいなやつです。

これは割とすぐ終わります。

職務経歴書を作成する

職務経歴書はメール内でレジュメNaviというものが紹介されているので、それを使って作ってみる。

リクルートエージェントを使う人は、メールにリンクが付いていると思うので、みてみると良いでしょう。

使うには、Flash Playerが必要。

そしてこいつのレイアウトがまたイケてねえ。何だろう、もっと良い感じにできそうだけどなあ。

何はともあれ、画面の指示に従って書いていけば職務経歴書はできる。

氏名を入力。

社名と働いた期間を入力。

あとは、画面のサンプルを参考にしながら自分が今までやってきたことを書いていくだけ。

例文を参考にすれば、結構書きやすいんじゃないかなと思う。

職務経歴書はフリーフォーマットになります。A4サイズで、1~3枚程度以内で作成ください。

メールには1~3枚程度って書いてあるけど、かなり大変ですね。

とりあえず自分の経歴と今までやってきたことを書いていきましょう。

出来上がった職務経歴書はダウンロードすることができます。ただ、一時保存はできないようなので注意しましょう。。

アンケートに答える

アンケートはただのアンケートですね。希望業界や年収の最低ライン等を聞かれます。

答える項目数も結構少ないので、すぐに終わるかと思います。

 

上記の作業が終了して提出したら、あとは担当との面談に臨むだけです。

面談の準備をしてみたまとめ

リクルートエージェントを登録してみましたが、エージェントとの面談って結構準備するものあるんですねっていう印象。

そして思ったのがメールでのやり取りはやっぱり面倒で、職務経歴書を書くのももはや面倒で。。。転職活動に全く向いていないことが判明しました。

 

面倒くさがり屋にはお勧めできないけど、やっぱり有名なエージェントだし転職がちでするわ!っていう人は使ってみてもいいんじゃないかと思う。
【リクルートエージェント】

  • 転職エージェントを実際に利用してみてわかった利点と裏側
  • 転職エージェントを使った転職活動と使わない転職活動をしました
  • 転職エージェントのメリットと転職サイトとの違い
  • 退職後に遊びながら転職活動を始めたら、年収が100万円アップした話
  • リクルートエージェントを使って転職をすることができたが、振り返ると・・・
  • 転職エージェントは面接対策のみに利用し、実際の企業探しはネット検索で転職しました
おすすめの記事
3Kと言われる仕事から販売職へ
販売
高卒で入社!前職は介護です。 キツい、汚い、給料安い。いわゆる3K。 私は高卒で社員としてとある介護施設に入社しました。そこは介護だけではな...