【金融系の人事】踏み出すまでに時間が掛かったけど、転職してよかった!

前職は派遣会社。
大手は採用活動やコーディネート、事務から営業まで分業制でしょうが、私の居た会社は「吹けば飛ぶ」ような小さな会社でした。
もし人材業界からの転職を考えている方がいらっしゃれば、参考にしていただけたらと思います。




前職は派遣会社の事務職

子供も小さかったので派遣会社の事務職として入社したのですが、いつの間にか(というか、最初から会社側の思惑通り?)事務職から現場へ。

入社後の業務

派遣社員のフォロー(主に派遣先や同僚の愚痴聞き)、派遣先のフォロー(派遣社員の愚痴聞きや採用計画などの折衝業務)をメインとし、派遣社員の給与計算・労務事務、派遣先への請求等の事務処理まで幅広くやっておりました。

どちらかというと姉御肌タイプ、人と話をしたり世話を焼くのが好きなので、自分でも向いている仕事ではありましたが、何分人間相手なので毎日が「お祭り騒ぎ」でした。派遣先が24時間稼働しているため、派遣社員・派遣先共々夜中でもお構いなしに電話を掛けてきます。

「●●さん(派遣社員)が出勤してこないので電話をしたが出ない。電話してみて!」「●●(派遣先社員だったり、同僚だったり)が嫌い!今日はこんなこと言われた!」と言った日常茶飯事な「案件」から、「●●がケガをしたから病院に連れてって!」まで、昼夜問わず対応をしていました。

前職を辞めた理由

派遣社員も派遣先も、みんな言いたい放題!やりたい放題・・・その割には会社に評価されず、給与が見合わない!・・・。ライフバランスとの両立も難しく、転職しようと思った一番大きな理由がこれです。
結構なストレスも掛かるので「年を取ったら続けていくのが難しい」と思ったのが二番目の理由です。

いざ!転職活動

辞めるタイミングは沢山たくさんありました。今は笑いで「盛って」話せますが、その時々はホントにつらくて必死でした。

良いことなんてほとんどなく、辛かったことの方が多かった・・・。でもその都度、担当の派遣先・派遣社員を何となく見捨てられず、気が付いたら12年。
年齢的なこともあり、相変わらず評価のない会社にもそろそろ見切りを付けなければ・・・と一念発起して転職活動を始めました。

現職では金融系の人事部で仕事をしています。

現職を決める上で重視したこと

前職ではライフバランスに悩まされましたが、年齢的にも新しい職種にチャレンジするのは無理。今までの経験を活かして自分を高く買ってくれる派遣会社か、業界問わず人事系の仕事に就業することに決めていました。

使った転職サービス

まずは色んな求人サイトに登録。DODAやリクナビNEXTの大手から始まり、色々なサイトに登録しました。職歴のレジュメを入力していると「こんなに色んな仕事をやってた(やらされてた)んだなぁ」と痛感。

内容をレジュメに入力しながら、会社に対しての腹立たしさが益々込み上げてきました。「今回の転職は絶対に成功してみせる!」と強く思いました。

結果はというと・・・

そんな熱い思いとは裏腹に、ターゲットからのスカウトはゼロ。スカウトメールは、ほぼ保険会社と不動産業界のみ・・・。

「次、行ってみよう!」

これではダメだと思い、大手派遣会社に登録をしに行きました。同業他社に登録しに行くのは正直嫌でしたが、背に腹は代えられない!絶対に後悔しない転職をするんだ!と自分に言い聞かせながら。
登録に行ってびっくり!うちでは考えられない綺麗なオフィス。吹けば飛ぶような派遣会社との格差を感じました。

登録でのやり取り

PCのスキルチェックを経て、超あっさりな面談。「最後に何か質問はありますか?」と聞かれ「マッチングする仕事があったらご連絡をいただけるのでしょうか?」と聞いたところ、「登録者の人数がすごく多いので、正直手が回りません。豆に仕事情報を見ていただいて、逆にご連絡をいただけますか?」と言われ、びっくり!(何の会社だ?)と思いながらも「わかりました」とそそくさ退散・・・。
それからはその派遣会社の仕事情報もチェック。日々の仕事をしながらも帰宅後に転職活動をしておりました。

数日後

登録した遣会社の仕事情報に現職の案件を発見!
「紹介予定派遣」というもので、6か月間の派遣社員を経て、派遣先(金融系)の人事部の正社員になるというもの。「これだ!」と思いました!
すぐにその派遣会社に電話すると「管轄が違うので、こちらではその案件情報がわかりません。管轄のところに電話してください」とのこと。ここでも(おいおい・・・)と思いながら、管轄先に電話しました。そちらは応対がすごく丁寧、すぐに動いていただきトントン拍子に話が進みました。

今の職場で働いてみて

採用の仕事は今までやってきたことと同じですが、なんせ金融系なので文化が全く違い、それに馴染むまで相当苦しみました。派遣会社時代は「毎日がお祭り」・・・いや「カーニバル!」。

会社の規模も違うし、皆、分業制。今までは同僚同士で助け合ったり、声を掛け合ったりしていたので、つらい中にも和気あいあいとした空気がありましたが、それがない。なんだか表面的なことを右から左へ流していく・・・という感じです。

そんな文化にも随分と慣れて、もうすぐ5年が経とうとしています。私と同じく異業種から入社した者同士、たまに愚痴を言い合いながら頑張っています。
忙しくて忙しくて、空回りしていたあの頃のことが、たまに懐かしくなったりもしますが「あの時は随分と肩肘張ってたなぁ・・・」と恥かしく思ったりもします。

年収も前職より100万以上は上がりましたがこれに満足せず、もっともっと精進して上を目指したいと思っています。転職をしてよかったです。

人事・採用担当の関連記事
  • ただの営業からIT系の採用担当へ。
  • 【金融系の人事】踏み出すまでに時間が掛かったけど、転職してよかった!
おすすめの記事
転職活動、なかなかしんどかったです
販売・サービス・運輸
私の略歴をまず説明します。 私は大学卒業後、油剤メーカーに営業職で就職しました。 3年勤務した後、現職である海外進出企業向けコンサルティング...