【コンビニから大手化粧品会社まで】数々の転職の繰り返し

私は、様々な企業の正社員から、コンビニのバイトまで色んな仕事をしてきました。
その一連の流れを記載して行きたいと思います。

まず、初めて就職した所は、大手化粧品会社でした。
高校を卒業後、大学にはいかず、就職しました。




大手化粧品会社

職種 アシスタント業務

日々の業務について

  • 化粧品の試供品の放送、発送処理、注文を受ける電話担当者のフォロー
  • ファックス、インターネットによる申込の方の受注処理

主に、上記のような内容の仕事でした。
日々繰り返す中で、私自身お客様と接する機会がなく、関わるのは社内の方のみでした。もともと、人と関わるのが好きだった私は、淡々と過ぎていく日々に悶々としながら仕事をしていました。しかし、やはり人との関わりを持つ仕事をしたいと思うようになり、大手化粧品会社は2年と8ヶ月で退職しました。
大手でもあり、社内の人間関係もよく、すごく悩みましたが、転職を決意しました。

次に美顔器と化粧品販売をする中堅会社に就職しました。給料は、出来高制でした。美顔器や化粧品が売れなかったら給料が下がり大変な思いをしましたが、実際にお客様との関わりが増えてすごく楽しかったです。

美顔器、化粧品の販売会社

  • 美顔器、化粧品の購入者へのその後のアフターフォロー
  • 新規開拓業務
  • 知人紹介等
  • ローン組み換えのアドバイスなど

実際に購入してもらわないと、給料は低いまま。
自分の営業力の無さにも嫌気がさし、向いてないと思ってしまいました。
約1年程で退職をしてしまいました。

大手化粧品会社との比較をすると、やはり、安定した給料が毎月頂けるということはすごくありがたいことだなと感じました。

次に入社した会社は、不動産仲介業の会社でした。
大手不動産ということもあり、お客様が次から次にやってきて、楽しかったと記憶しております。
主にアパートやマンションを探されている方の入居までのお手伝いをしました。

大手不動産仲介業者

  • 反響獲得
  • 電話対応
  • カウンター受付業務
  • 追客、見込み客リスト作り
  • 物件資料の作成
  • インターネットに物件発信
  • 家主宅への飛び込み営業、空き物件収集
  • 入居までのアフターフォロー
  • 契約書作成
  • 重要事項説明
  • 鍵渡し、初期費用受け取り

不動産会社というのは、入ってみて感じたことですが、ものすごく孤独感がありました。
基本的に、1人のお客様を最初から最後まで同じ人が担当をします。なので、他の営業担当者は、私がか変えている問題や、悩みをわかってくれません。例えるなら、個人プレーですね。

集団で行動することはほぼありません。新人時代には上司と同行もありましたが、一人立ちすると完全に一人で仕事を終わらせることになります。

こちらの会社は2年勤めましたが、社長と合わずに退職しました。

次に入社したのは、またもや同じ不動産会社でした。
何が違うかというと、中堅不動産屋さんであり、地元密着の不動産なので、扱うエリアは決まっており、来店されるお客様もちかくに住んでいたり、会社周辺で探しているという方がほとんどでした。
こちらでは、賃貸だけではなく、管理業務、売買、分譲も体験しました。

中堅不動産会社

  • 賃貸の来店から入居までのフォロー
  • 事務処理、家賃管理、家主対応、損害保険更新業務、売買、分譲、空き物件清掃業務

こちらの不動産では、社員4名の小さな会社でした。
お客様の数は大手よりもかなり少なかったのですが、賃貸、売買、建築、管理など、様々な業務を出来たことで、すごく勉強になりました。大手では、賃貸しかしなかったので、中堅不動産会社では売買をすることが出来たことが、すごく為になったと感じています。
ここで、結婚をし、退職しました。2年間でした。

次に入社したのは家賃保証会社でした。

正社員ではなく、パート入社でした。
しかし、社会保険もしっかりしており、福利厚生もよくてすごくいい会社で、人間関係も最高でした。
不動産の経験を活かして不動産会社への提案営業の仕事でした。

家賃保障会社

法人営業、ルート営業、新規開拓、契約フォロー、集金

パートだった為、特にノルマはありませんでした。
社員の方が契約とってきた会社のフォローをしました。家賃保障会社ということで、相手方は、全て不動産会社様になりますので、今までの経験を活かしてトークをすることができました。
ルート営業なので、たまにサボったりもしていましたが、楽しくお仕事をさせて頂くことができました。しかし、不動会社のほうが、やりがいはありますね。
1年勤めて退職しました。

最後に就職したところは、コンビニでした。
結婚後勤め、妊娠したら辞めたいなと思っていたので、責任が軽い仕事を選びました。

コンビニ

店内掃除、レジ業務、商品の仕入れ、発注、在庫管理、棚卸業務
今までとは全然違う仕事で、責任感が物凄くかるくなったと感じながら仕事をしました。
女性が多かったです。
慣れた頃に妊娠がわかり、妊娠6ヶ月の頃に退職しました。半年間の勤務でした。以上が私の転職体験です。

  • 会社に入社して一日で辞める決断をしてフリーターになった私の今までとこれから
  • フリーターが本気で飲食業界に転職するまで
  • ツアーコンダクターとして即戦力と言われた私の転職はハローワークからでした
  • 【携帯ショップ店員から航空のグランドスタッフ】夢を叶えるため、給料が1/2になっても転職決意
  • 同じ営業の互助会でもやりがいを感じる補聴器店へ転職
  • 【運転士候補生】子供の頃の夢を30代で実現させる為の転職
おすすめの記事
経理で6年ほど働き、書店員へ転職!
販売
経理職として経費の科目判定や月次決算作成業務といった管理会計業務から、請求書作成や買掛金支払い業務などの財務会計業務まで幅広い仕事を担当して...