男社会(メーカー営業)から女社会(販売)へ転職




前職は医療機器メーカー営業

前職の仕事内容

医療機器メーカーの営業として、法人、個人のクリニック、病院へ営業をしておりました。
他者競合ユーザー、自社ユーザーへの更新提案、新規開業先への機器紹介、DMの企画や自社ユーザーへのフォロー、新商品の客先でのプレゼンテーションや立会い、機器を車に積み込みデモンストレーションを行なっておりました。

前職を辞めた理由

自分が販売した機器により患者さんが楽に検査を受けられ、病変が早期発見されるということに尊さを感じておりましたが、総重量100kgを超える機器を社用車に積み込み、数百キロ離れた担当地域まで運転し、数日出張して営業活動を行うことに疲れてしまいました。

販売店の方への売り上げ管理を行うことへのストレス、営業活動以外の処理仕事を行うと退社時刻が遅くなり、5年ほど勤めはしたもののその先が見えなくなったため転職を決意しました。

現職は販売職

現職を決める上で重視したこと

前職では退社時刻が遅くなったり、研究会等で休日出勤があるなどなかなかプライベートの時間を十分に持てなかったので、収入が下がったとしても勤務時間がきっちりと守られることと、より自分にとって身近で販売して楽しいと思えるもの…例えば衣料品、化粧品、宝飾品等を販売したいと思いその点を重視して探しました。

使った転職サービス

リクナビネクスト、DODAに登録し、リクナビネクストにて現職にエントリーしました。

今の職場で働いてみて

前職と違う点はシフト勤務のため始業時間と終業時間、勤務日がきっちりと守られている点です。身体的な負担が前職と大幅に違いとても楽になりました。
前職は私以外に女性の営業がほとんどいない男社会で正直に申し上げて得をした部分もあるにはありますが、社内外で軽んじられたような対応をされるとこや地味であることを求められることが多々ありました。

現職は真逆の女社会です。
女子校を卒業したわけでもなくこれまで男社会で5年間勤めていたこともあり、面接の際は人事の方から心配をされました。実際に入社してみて女社会の大変さを感じることもありました。

華やかな世界なので美しく装うことが要求されるのですが、それも華やかすぎてはいけないのです。あくまでも楚々と美しく。見た目だけではなく立ち居振る舞いや言葉遣い、身だしなみも含めてです。
華やかすぎても地味すぎても先輩から指導が入ります。言葉遣い、ランチに誰と出るかでも指導が入ることもありました。

販売なので売り上げのノルマがあり、それらが個人個人毎日見えるように表で貼り出されるので日々プレッシャーを感じます。
売り上げが行き過ぎていても未達でも先輩や上席者から苦言を言われることもあります。
よくも悪くも鈍感であることが必要なのかもしれないと思いつつ、入社直後は痩せました。

大変なことばかり列挙してしまいましたが、辛いことばかりではありません。取り扱うものは自分が欲しくて目移りしてしまうような美しいものばかりで出勤して手に取り眺めるだけでも幸せに浸ることができます。
また、それらの商品にはデザイナーの思いなどの美しいストーリーがあります。そのストーリーに自分自身触れることも楽しいですし、お客様にお伝えしてお客様の心に響き、お買い上げ頂いた時の喜びと言ったら。

また、お客様からお褒めの言葉を頂戴したり、また私から買いたいとおっしゃって頂いたときは本当にやりがいを感じます。
私が販売しているものは生活必需品ではなく、言ってしまえば日々の生活において優先順位が低いものなので、これを自身のトークで販売ができるのであれば今後どんなものも売れるのではないか、という変な自信もつきました。
お誕生日や記念日等に贈られるようなものを販売しているので、お客様とお話しをしながら一緒にお品を選ぶのはとても楽しいことです。
お客様のなかには高い期待を持って、より上質な空間に触れたくて、という思いでご来店される方も多くいらっしゃるので必然的に自分自身もより美しくあるためにという意識も高まります。

競合ブランドの店舗を訪れたり、ラグジュアリーなホテルやレストランを訪れることでラグジュアリーな接客や所作を学ぶことができます。
仮に現職を辞めたとしてもそれらは今後の自分のために大きく役に立つと信じています。お客様とお話しを楽しくするために、より現在のトレンドを学び、それらと自分の提案している商品をどうマッチングするか、今後どういった商品とコーディネート提案するか戦略的に考えることもとても楽しいです。
これまで漫然とサービスを受けてきましたが、販売職に従事したことで様々な角度から見られるようになったと感じ、転職をして良かったと日々思っています。
販売職はAIにとって変わるといった記事を最近拝見しましたが、そうなることが無いようさらに心のこもった接客を行いたいと最近は思っています。

販売の関連記事
  • 資格を活かしてコンビニの店長から薬の販売員に転職
  • 3Kと言われる仕事から販売職へ
  • 【スポーツインストラクター】1度限りの人生、後悔したくなくて転職【ドラッグストア】
  • 接客業がしたいと思い、経理アシスタントから販売員へ転職
  • 【営業アシスタント】いわゆるブラック企業から大手優良企業へ【衣料品販売】
  • 男社会(メーカー営業)から女社会(販売)へ転職
おすすめの記事
旅行業界から飲食店へ転職した結果
販売・サービス・運輸
前職は旅行及びイベント業界での営業補佐、イベント運営 前職の仕事内容 旅行業界での営業補佐をしておりました。営業が取ってきた大型団体のお客様...