介護士になりたい気持ちが強くなり介護施設の清掃業から転職




前職は介護施設の掃除や洗濯

介護施設の掃除や洗濯をしていました。
1階〜4階までの廊下やトイレの掃除、入居者や職員の衣類や清拭の洗濯などです。

便がついたものは手でもみ洗いして、清拭に着いたものも手洗いで流してから専用の所為お毒や洗剤が出る洗濯機で洗い、乾燥機で乾かし畳んで業務エレベーターで2階〜4階に届けるかんじの仕事内容でした。

前職を辞めた理由

元々、介護士を目指そうと決めたときに、まったく未知の仕事だったので…少しでも様子を見られたらという目的で、介護施設の清掃業に就職しました。

資格を取るにもお金がかかりますし、資格を取って働いても想像と違ったからやっぱり辞めた〜なんてわけにも行かないですし、できればずっと続けたいと思っていたので慎重に見極めるために必要なことだと思いました。

なので、働き始めてからも余計に介護士になりたい思いが強くなり、仕事をしながらでは資格が取れない状態だったので、仕事を退職して資格を取り介護士になる準備をするために仕事を辞めました。

現職を決める上で重視したこと

時間

まず、私は子どもがいてシングルマザーをしているので時間にはかなり制約がありました。
なので、仕事の内容と時間のどちらを重視か?となるとどちらも大事ですが、強いて言うなら時間を重視してしまう面がありました。

保育園や学童の時間も19時までと限られていたので、通勤時間や勤務時間を十分に考える必要がありました。また休日なども、できるだけ子どもに合わせて日曜と祝日だけでも休めるように考慮してもらえるところ…そして、日勤専門でも了承してくれる施設を探していました。できれば、パートで時短で働けるところ。

仕事内容

次に仕事内容です。
介護の学校で、理想と現実はあまりにも違い幻滅してしまいやる気がなくなってしまう介護士が多いことを知り、完璧にはほぼ無理でもできるだけ理想に近く、仕事と言うより楽しく利用者さんと過ごせる環境にある施設を探しました。

何度も見学し、何度も質問して、たくさん考えてやっと見つけることができました。

介護士として今の職場で働いてみて

職種自体がまるっきり違うので、比べることもできないですし何とも言えない感じですが…
やはり、自分でやりたい!と思って自分から進んで決めて選んだ仕事なので、楽しいことばかりではなくともやりがいもありすごく充実した日を過ごさせてもらっています。

挫けそうになることも

人と過ごし、人の役に立つのは簡単なことではありません。
特に介護の仕事は程度にもよりますが、認知症が強い方の介護はとても大変です。理解してほしくてもしてもらえないことも多いですし、ご家族の理解も必要です。

どんなに尽くしても、どんなに大切に思ってもなかなか伝わらないのかな?と、くじけそうになることも多い仕事です。

業務的にも体力使いますし、慣れるまでコツがわかるまで足腰痛くて意味がわからない場所まで痛いです。正解も不正解もないような人相手なので毎日こなす予定は同じでも、利用者さんの体調や気分でやることも接する態度もすべて日々バラバラで、極めるのがなかなか難しい仕事です。

怒鳴られることも

利用者さんに怒鳴られることもたくさんあります。
してあげたくてもしてあげられることは限られるので、もどかしく感じることも多いです。
どんなに手助けをしても、協力をしても、利用者さんに納得してもらえず報われないなーと感じることも多いです。
納得できないことも多いですし、腹の立つことも悲しいことも悔しいこともたくさんたくさんあります。

気まずくなったりなど一切なく仕事に復帰

職場の同僚や上司もとってもいい人でシングルマザーで子どもを抱えて働いてて大変だと理解もしてもらえて、いたわりや労いの言葉をかけてくれるんです。
子どものことで急なお休みをいただいても誰も何も言わないですし、それどころか『大丈夫なの?子どものことはしょうがないよ。来た時には頑張ってくれれば…無理しないでね』などと言ってくれるので仮に長期休みになってしまっても、気まずくなったりなど一切なく仕事に復帰することができます。

働きやすい職場ですので、介護士の資格を取って初めて働いた場所が今の職場でよかったと思っています。

働き始めるのに一番気がかりだったのが子どものことと、家事と育児と仕事の両立の不安でした。でも、子どものこともとても気にかけてくれる職場ですし、時間も短縮してくれていたので育児も家事も十分にできる環境にありました。

とてもありがたいと思いますし、特にやりたいことをやりたいようにできる職場なので居心地もいいですしとても働きやすいです。

休みも前もって報告をすれば休めないこともなく、いつでも気軽に休みを取れますし。思っていたよりもきついこともなく、和気あいあいとしていてみんな笑顔で楽しく仕事ができています。

自分の好きなことをさせてもらっているので、仕事をしている感覚よりも趣味の延長に近い感覚なので嫌だなーとかダルいなーなんて主青も全くなく、ストレスなどもなく楽しく仕事をさせてもらっています。

介護の関連記事
  • 私が体験した介護業界のブラックな闇
  • 福祉系のブラック企業からハローワークを使いホワイト企業に転職!
  • 震災ボランティアの経験がネイリストを介護士に変えた
  • 【ハウスメーカー営業職から障がい者支援の仕事へ】転職を決める際にしたこと
  • 介護士になりたい気持ちが強くなり介護施設の清掃業から転職
  • 看護師から介護士へ転職して思うのは、『なぜもっと早くここに来なかったんだろう』ということです
おすすめの記事
夢を追いかけてゲームのエンジニアに
エンジニア
夢を追いかけてゲームのエンジニアに 私は専門学校卒業後、業務系のプログラマとして七年ほど働きましたが、 元々ゲーム、エンタメ志望だったことを...