3社のブラック企業を経験してから、やっとホワイトな職場に転職できました




夜勤明けの残業と少ない休日のブラック企業

今から10年前にサブプライムローン問題、リーマンショックがあり、アメリカだけでなく、日本も不景気になっていました。アルバイト、パートの仕事に応募しましたが不採用になりました。ハローワークに行き、仕事を探したり、相談していると、田舎の介護の仕事は不便な所にあるから、求職者が少ないことを教えて頂きました。そこで、家から車で30分の所の介護事業所で面接を行い、採用となりました。

その当時は、就職が難しい状況だったので、感謝の気持ちでいっぱいでした。もし、就職先が決まらない場合は、貯金が底を突いて、借金をして借金を返すことになっていたのかと思うと、本当に良いタイミングで就職できて良かったです。職場の人間関係も良好でした。

度重なる残業と少ない休日

しかし、問題はありました。夜勤明けで残業を毎回1時間~2時間はしていたことです。それと休日が月に5日しかなかったことです。夜勤中に仮眠することができなかったことです。それらが凄い不満となっていました。そこで、知人に相談して、転職先の有無を聞いてみることにしました。知人の紹介より、面接をしました。そこは、ユニット型特養でして、家庭的な雰囲気の中で利用者が生活し、1ユニット10人の所でした。

不公平な休日日数とサービス残業のブラック企業

知人の紹介より転職しましたが、初日から最悪な日々が続きました。昼食を利用者と一緒に食事をしていると利用者同士が喧嘩を始めました。施設長も利用者と一緒に食事をしていました。しかし、なぜこのタイミングで喧嘩をするのだろうと思いました。凄く運が悪かったです。施設長の目の前で利用者が喧嘩を始めて、他の職員は仲裁に来ない状態でした。僕が何もしなかったことを施設長に怒られました。

職員から悪口を言われ続ける

同期で就職した人が居るなかで、正社員として採用された人も居れば、3ヶ月の試用期間を経て、正社員になった人も居ました。僕の場合、同じユニットの職員に悪口を言われ続け、その職員が施設長に自分の悪口を言われ続けました。その結果、他の職員からもそのような感じで見られ、かなり嫌な思いをしました。ずっとここで働くという強い気持ちで耐えていましたが、いつも不満でした。

正社員になるまで2年

同期で就職しても正社員になるまでの期間が自分だけが他の人に比べて異常に長かったです。正社員になるまで2年かかりました。2年かかった理由は僕の悪口を言うスタッフがあまり悪口を施設長に言わなくなったからでした。自分の悪口を施設長に良く言っていた職員は退職した後、僕は正社員になりました。

正社員になってからも同じユニットの職員から嫌がらせのような不愉快な発言が続きました。自分がしたことに対して、指摘ばかりする人が居て、可なり精神的ストレスになっていました。
他のスタッフがユニットリーダーになると、休日出勤が増えて、会議の時間も増えました。しかし、サービス残業が増えて、給料は増えませんでした。

正社員一人一人の休日日数が違う

職員が次々と退職していき、仲の良かった職員が退職した後は仕事に対するモチベーションが下がりました。少ない職員数で仕事をしなければならないため、心身共に負担が重くなっていきました。利用者に対する精神的ストレスも重くなっていき、仕事を頑張るにも段々、頑張れなくなっていきました。

正社員1人ひとりの休日日数が違い、希望休を出さない独身者は休日が少ないという不利な条件を突きつけられたせいで、他の職員に対する不満も感じるようになりました。

休日日数が職員によって違うのは不公平ですし、休日が少ないからといって、給料が上がるわけでもなかったので、馬鹿馬鹿しい職場でした。

うつになって退職

職場に居ることで、心身共に疲れ果てて、うつになったので、退職届を出し退職し、転職しようと思いました。しかし、退職届は受理されるまで時間がかかり何度も施設長と面談し、引き止められました。

その時は本当に腹が立ちました。安い給料で他の職員よりも働かせておきながら、辞めるとなれば引き止めるやり方に憤りを感じました。引き止められたことに対して、優しさ、嬉しさは感じられませんでした。うつ病の人を休ませることなく、働かせたことに対して、人として問題があると思いました。うつになって、8ヶ月経ってようやく退職し、転職しました。

200時間以上・残業手当ほとんどなし・ずさんな管理体制

転職したものの、最初はどこで勤務したら良いのかという事前連絡はありませんでした。「本当に大丈夫なんだろうか?」という不安はありました。
電話して、言われた場所に行き、仕事をしました。午後より別の場所に連れて行かれました。理事長より「管理者兼相談員な」と言われた時は信じられない気持ちでいっぱいでした。

翌日、出勤するともう一人の管理者兼相談員の人が出勤していました。もう一人の管理者兼相談員の人から仕事を教わるようにとの意味だったことを後で気付くのですが、その当時はそのような説明はありませんでした。もう一人の管理者兼相談員の人は経験が長い訳ではなく、新しい事業所ができたらそちらに異動するというもので、話を聞いていると滅茶苦茶だと思いました。

ワンマンで、残業もほとんどしないので、尊敬できる人には見えませんでした。管理者兼相談員が2人居ることで揉めていきました。対等の立場で話をしようと思っていましたが、相手はそれが気に入らなかった様子でした。電話で、怒鳴られた時は「このような職場で働きたくない」と考えるようになりました。

厚生年金に加入させられていない・・・

年金事務所から、国民年金の加入のお知らせが届いた時は意味が分からなかったです。正社員で働いているはずなので、厚生年金に加入しているはずだと思ったからです。後で、年金事務所に問い合わせした時は厚生年金の加入の手続きができていないことを知りました。

理事長に年金事務所から年金事務所からのお知らせについて話をしたら「ほっとくように」と言われました。それがきっかけで、徐々に理事長に対して信用できなくなっていきました。

役職と異動が目まぐるしい

最初は管理者兼相談員で採用されたのに、翌月には相談員兼介護職と勤務表に書かれていました。その翌月には、突然、他の介護事業所に異動となりました。毎月、目まぐるしく変わるので、意味が分からなかったです。

他の介護事業所に異動して3ヶ月経って、管理者補佐と理事長に言われました。しかし、現場は職員が足りていなかったので、デイサービスの営業時間が終わって、片付けや掃除が終わった後に事務所で仕事をしていました。

手当のない毎日の残業

残業時間も含めると月に200時間以上は働いていました。毎日の残業時間は1~2時間はしていたと思います。しかし、残業手当はほとんどなかったです。残業すると残業申請する手続きもなく、管理がずさんでした。そもそも労働契約も貰っていませんでした。滅茶苦茶な所だと後で気付きました。

理事長を信用して入社した時はそれらのずさんな管理体制をあまり気にしなかったです。しかし、信用できなくなると、滅茶苦茶な部分が段々目につくようになりました。

理事長に腹がたつ

病院を退院する人が有料老人ホームに入所したら、デイサービスの利用者が増えると考え、休日に病院まで行って営業に出掛けました。しかし、営業に必要なパンフレットがなくなったので、理事長に話をしましたが、出してくれなかったです。
「お客さんを増やさないよいけない」と理事長が言われたから、営業に行ったのに、梯子を外されたような気分でした。理事長に対して、余計に腹が立ちました。

理事長が有料老人ホームに新しいスタッフを連れて来ました。そのスタッフは次々とデイサービスのことまで口出しをしてきました。仕事が終わって帰ろうとしたら、その新しいスタッフが呼び出してきて、長時間にも渡る会議に参加するように強制してきました。

会議に参加しましたが何が言いたいのかが分かりませんでした。威圧的な態度で話をしてくるので、不愉快でした。
そういう意味が良く分からない会議が良く続く上に、新人にしつこく指示されるので、ストレスがどんどん溜まっていきました。

連日に続くパワハラ

ある日、本部に連れて行かれ、朝から晩まで新人職員に怒鳴られました。自分は悪いことをしていないのに、色々な作り話を正しいかのように言われて、不愉快でした。怒鳴られている間は凄い恐怖を感じました。夜遅くにようやく開放されました。
その翌日は夜から会議があり、1:30にようやく開放されました。22時に帰ろうとしたら、新人職員が凄い勢いで怒鳴っていました。

連日に続くパワハラが原因で、うつになってしまいました。食欲も下がりました。管理者等に相談し、心療内科に行きました。そして、うつ病と診断されて、翌日から1ヶ月間休みました。心療内科で、受診している時にドクターに事情を説明しました。ドクターに「そこはブラックだから他の所で働いた方が良い。他にも働く所は色々あるから」と言われました。

やっと出会えたホワイトな職場

休んでいる間にindeedで介護の求人募集を探したり、Googleで検索して、探していました。夜勤専属の仕事は給料が高くて良いということを知りました。夜勤専属の仕事について色々調べました。こういう仕事が介護業界にあることを初めて知りました。

通勤可能エリアで夜勤専属の仕事があったので、申込みました。面接が順調に進みました。職場の1日体験もしました。職場の雰囲気が温かくて、楽しいかったのでこちらで転職したいと思うようになりました。その後、夜勤専属の仕事をこちらでしています。

残業時間が少なく、交通費も残業代もきちんと申請すれば出るので不満はないです。職場の人間関係も良好なので、とても良い職場だと思っています。事務所も入り易い雰囲気ですし、分からないことがあれば上司に相談できるので、とてもありがたいです。ホワイトな職場に巡り会うまでが長かったです。ブラック企業で働いていたからこそ、今の職場で頑張れるのだと思います。

ブラック企業の関連記事
  • ブラック企業の見分け方と転職で大切なこと・聞かれた質問
  • 私が体験した介護業界のブラックな闇
  • 私が仕事を半年で辞めた理由は陰険ないじめと人手不足でした
  • ブラックだと思ったら辞めるべき!先輩が何よりも偉い職場から転職!
  • ホワイト企業からブラック企業になった会社から転職しました
  • 3社のブラック企業を経験してから、やっとホワイトな職場に転職できました
おすすめの記事
医療系からのCADの仕事にたどり着く
デザイン・制作
前職では歯科助手をしていました。業務内容としては歯科医院での診療介助、診療の準備、受付対応、診療報酬請求など、その他診療の為の器具の消毒など...
旅行業界から飲食店へ転職した結果
販売・サービス・運輸
前職は旅行及びイベント業界での営業補佐、イベント運営 前職の仕事内容 旅行業界での営業補佐をしておりました。営業が取ってきた大型団体のお客様...