【保育士から美容師に】美容免許を取得し、スタイリストに

前職は保育士をしていました。
保育士を辞め、フリーターになったあと美容室で働きそのあと美容師になりました。




前職は保育士

仕事内容は子供の成長を見守るため、年齢に合った遊び内容を考える。0歳児の子供も預かっているのでオムツ替え、ミルク、お昼寝など働く親の代わりに子供を見ていました。

前職を辞めた理由

実際働いてみて、思っていた仕事と違ったので。母親や親戚が保育士ということもあり、中学生の頃から自然と将来の夢は保育士でした。中学高校の職場体験実習も保育園を希望し、夏休みも自ら保育園にお願いして実習体験させてもらっていました。

まだ学生と言う事もあり、注意されることはあっても、本当に叱られたことはなかったし、楽しい思い出しかなかったので、そのまま高校卒業して保育科の短大へ入学しました。

保育園には半年間勤める

授業内容も保育のことを勉強しピアノも習い、実習もみっちり1ヶ月しました。
高校の実習とは違い、細かい所まで注意され、保育内容も現役の保育士に内容確認してもらい無事に卒業して半年間は保育園に勤めました。

まだ小さい子供達を育てると言うことは、すごく責任感、やりがいがあったのですが腑に落ちない自分がいました。

先生も少なかったため、発表会などの衣装や飾りものは休みの日でも園に行って作業し、家に持ち帰ったりしんどい毎日。毎日そんなことを考えた結果、退職する決断をしました。

フリーターを経験した後に美容室のレセプションに転職

フリーターもそろそろダメだと思い、ハローワークに行って美容室の求人を見つけました。髪型、服装は自由なところ接客業が好きだったのですぐ応募。急募だったので、すぐ受かりました。
仕事内容は、受付、電話対応、お見送り、接客、事務作業。ショッピングセンターに入ってる美容室だったので、平日も忙しく、なにより接客がとても楽しかった

美容師免許を持っていなかったので、お客様の髪の毛を触ることは禁止されていました。
時間も夕方きっちりに終わるところだったので、仕事終わりも飲みに行けるし、店長もゆるい感じだったので仕事内容的には楽な仕事でした。

ただ、人間関係がめんどくさかったです。男性スタイリストの彼女に目を付けられ、仕事と全く関係ない彼女が口を挟んで来る。店長、お店の人も私が言われてるの分かっているのに知らん顔。
私もそこまで気にしていなかったので笑っていましたが、本当に面と向かって暴言吐いてやろうかと思うくらいめんどくさかったです。
その人間関係が原因ではないですが、他の美容室で働きたいと思い2年で退社。

退社してすぐ、今勤めている美容室に入社しました

そこでも初めは受付だけだったのですが、小さい美容室だったので、カラーを塗ったりシャンプーに入らさせてもらっていました。
もちろん、練習をしっかりしてお客さんに入れるレベルまで行き、オーナーの手がふさがっている時はヘルプに入りました。

半年くらいして、もっと美容師を知りたいと思い働きながら免許が取れる通信学校へ通うことにしました。

美容免許を取得し、スタイリストに

日中は学校へ行き、学校が終わったらお店に戻り通常営業。学校の課題はそれが終わってからしていたので、毎日クタクタでした。3年学校に通い、無事美容免許取得!
その間もカラーモデル、カットモデルを募集し、すぐにでも、スタイリストになれる準備をしていました。美容免許を取得して3ヶ月、スタイリストになり、今現在も働いています。

スタイリストになり、今まで以上に、人の髪の毛と普段の生活を考えるようになりました。髪の毛で人生変わると言っても良いくらい!前髪を1mm短くしただけで人は変わります。人の印象も髪を変えるだけでガラッと変わる。髪を切るだけで、付き合っていた元彼の事も吹っ切れる。次に進む勇気をくれる。

なりたい自分になれるように、はじめに髪の毛を切る。あとは、そうなるように振る舞う努力をする。
本当に髪の毛は不思議です。

今の美容室に入るときに、訪問美容(自分で美容室に行けない方、妊婦さん、小さい子供がいるお宅。老人施設にいる方達のところに行って美容業務を行うこと。)に興味があるとオーナーに伝え、オーナーももともと興味があったということなので、この春から訪問美容もしていく予定です。

認知症の方は、髪を整える事で昔の記憶が蘇るそうです。
場所は老人施設だけど、移動式シャンプーを持って行き、音楽もいつもと違う音楽を流し、目の前に鏡を置いて美容室を再現する。
髪を切っている自分をみたら、どんどん変わっていく自分を見て嬉しくなる。
人はいつまでたっても綺麗にしたい願望があります。
女性なんて特にそう。

年配のおばあちゃんは、少し口紅をするだけでとっても喜んでくれます。
白髪染めをして、パーマで髪の毛やふんわりさせて。それだけで、泣いて喜んでくれる人もいます。
美容師は髪を綺麗にするだけではなく、人の人生、思いも変えてくれる職業だと思います。
練習はとてもしんどい。今でこそ辞めたくなる時もありますが…訪問美容始めたい気持ちが強いので、まだまだ頑張らないといけません。

【リクナビネクスト】「美容師」の検索結果

美容師の関連記事
  • 【保育士から美容師に】美容免許を取得し、スタイリストに
  • 工場から美容師に転職!全くジャンルの違う仕事へ飛び込んで
おすすめの記事
会社の上司への怒りを解消する方法4選!
転職の仕方
仕事をしていると、多くの人が問題にぶつかりますが、最も多い悩みと言われているのが、人間関係の悩みです。会社内の人間関係はクライアントや同僚な...