スキルアップのために、銀行の運用担当者から外資系証券会社へ転職

前職では銀行員として働いていましたが、管理職登用のポストでしかスキル、賃金アップが狙えなかったことと、営業スキルに対するインセンティブのなさ、強硬なチームワーク体制、時間の自由のなさに疑問を感じ、外資系証券へ転職しました。




前職は銀行の運用担当者

前職の仕事内容

都市銀行にて外回りの運用担当をしていました。富裕層ビジネスで、資産家の個人、法人に対して、投資信託、債券、保険等の運用商品を販売する仕事に従事していました。若手から中堅に差し掛かったところであり、準管理職のような立ち位置で、書類や手続きの承認をしたり取りまとめのような役もこなしていました。

前職を辞めた理由

個人の目標の他に、所属部店、その部店をいくつか統括するエリア毎の目標もあり、全体の目標を達成していないと賞与が増えない。部店、エリアごとで表彰をもらっていないと賞与の最高ランクがつくことはなく、個人でいくら成果を出しても、同じ部店、同じエリアの人間が数字を落とすと足が引っ張られるので非常に不愉快でやる気が削がれます。

人事評価が全てで、実力より上司のご機嫌伺いができるものが良い評価を受け出世する、一度バツがつくと這い上がれない減点方式、数字ができていても部店の上司がスパルタだと不必要な残業を強制されるなど上司の裁量によるところが大きく、上司の質が悪いとプライベートな時間も削られる点に嫌気がさしたのが理由です。

現職は外資系証券会社

現職を決める上で重視したこと

もともとチームプレイより個人プレイが好きなこともあり、自分の実力次第で自由に動くことができ、自分の数字だけを追い求めることができる職場を探していました。

管理職に興味がないため、現役のままステップアップができ、金融商品の販売は好きなので、スキルや資格の活かせる同じ金融業界の外資で働いてみたいという思いがありました。業界の中で中堅以上、大きな資産規模のお客さまを相手にできるようなネームバリューのある会社というのも、選ぶ上で重視したポイントになります。

使った転職サービス

各企業のホームページから履歴書を送ったりもしていましたが、リクナビネクストも並行して使用し、最終的にリクナビネクスト経由で内定を頂きました。外回りで時間が取れたこともあり、転職期間に期限を設ける必要もなかったので、まずは複数のサイトを使わず、ひとつのサイトでじっくりと取り組みましたら、希望の会社に転職をすることができました。
リクナビNEXT

転職期間

サイトに登録してからだいたい2ヶ月くらいで決まりました。外回りの営業だったので、電車での移動時間に、会社情報を調べたり電話をしたり、履歴書も書いていました。早帰りの日を利用して業務後に面接を受けにいったりと、コツコツ準備ができたと思います。

転職のために準備したこと

転職だけのためではありませんが、前から転職を意識していたことと、自分のスキルアップのため、金融系の資格をいくつか取りました。また前職の仕事を全力でこなし評価を高くした方が有利だと思ったので、数字にこだわり表彰をとったり、プレゼンの企画に積極的に参加をしてアピールできる項目を増やしたりすることに努めました。

転職を前職に伝えるタイミング

仮内定が出たあと本内定が出るまで2週間、本内定が出てから実際に働き始めるまで1ヶ月の空き時間がありました。なので、賭けではありましたが、仮内定が出た段階で前職の方には退職の意向を伝え、1ヶ月ほど引き継ぎ期間を経て退職し、半月ほど準備に費やして新しい仕事へ臨みました。

有給を消化する選択肢もあったのですが、前職の上司からの引き止めや後輩達のこともあったので、有給は使わずお世話になった会社でしっかりと引き継ぎをしてから退職をしました。

現在の会社で働いてみて

数字が全ての世界なので、数字が悪く、下位数パーセントに入ると足切りがあるという緊張感はありますが、その分自分が取り組んだ分に対しては、しっかりとインセンティブで跳ねてくるのでやりがいがあります。

給料を上げるために自分でどんどん開拓してその分稼げる素晴らしい職場だと思います。
研修やセミナー等も充実しており、勉強して自分の実力をしっかり活かせる環境です。時間の使い方についても個人の裁量にある程度任されているためにかなり自由で、数字さえできていれば出勤時間も退勤時間も、顧客のアポイントなどの時間と調整してかなりフレックスにとることができます。5時に帰宅でき、アフター5を存分に楽しむことができる日もあります。
レンタカー等の貸し出しも業務の一環として経費でできるので、郊外に行く際は車で自由に外回りができるところも自由で気に入っています。
管理職が少なく、在籍者は年齢は違えどほぼみんなプレイヤーなので、変な上下関係もなく、不必要な飲み会の強制や残業を強いる行為なども一切なく、完全な個人プレーでドライな会社です。そのような会社を希望していたわたしにとっては、本当にピッタリ合う会社だなと感動しています。

営業の関連記事
  • 土日祝日休みを求めて転職開始!家電量販店を辞めた後に転職活動したらこうなった
  • 【消費者金融から医療器具の営業職へ転職】同じところでずっと働き続けることが美徳という考えは捨ててしまっていい
  • やりがいを求めて銀行・ネット回線の営業を経て広告代理店へ転職
  • 給与よりやりがいを求めて証券会社から求人サイトの営業へ転職
  • 低収入の25歳保育士の転職。収入アップを目指して営業職に転職
  • 【アパレル販売員からコールセンターの電話営業へ】転職してよかった
おすすめの記事
旅行業界から飲食店へ転職した結果
販売・サービス・運輸
前職は旅行及びイベント業界での営業補佐、イベント運営 前職の仕事内容 旅行業界での営業補佐をしておりました。営業が取ってきた大型団体のお客様...