【NC旋盤オペレーター】派遣社員から正社員へ。しかし・・・




前職は派遣社員でNC旋盤オペレーター

派遣社員としてNC旋盤というプログラムを制御して素材を切削し、加工をする仕事でした。精密加工の分野になり、金属加工、難削材の加工が主な仕事でした。

前職を辞めた理由

職場の雰囲気ややりがいなどはあったのですが、残業が多く、また休日出勤も多かったので、休みというものがほとんど無く家族との時間を取れないことが多々ありました。残業はほぼ毎日でしたが、休日出勤は直前まで知らされず、「明日出てこれる?」と前日に言われることも多く、休日に入っていた予定を急にキャンセルすることも多くなり、結果友人との付き合いも悪くなり関係悪化というところも嫌でした。

また、二か月更新ごとの派遣社員であり、ボーナスは全くなし昇給も5年ほど働きましたがほぼナシといった横ばいの状況が続いていたことも嫌気がさしました。特にボーナスについては正社員と仕事内容がほぼ変わらないのにも関わらず大きく違うところであり、嫌気がさした重要なポイントでした。

30代を目前にして、今後30を越えるとさらに就職が困難になるのでは、との思いから30手前にして正社員雇用を前提として終身雇用してもらえる職場を探そうと思い、転職活動を始めました。

現職は正社員としてNC旋盤オペレーター

現職を決める上で重視したこと

現職を決める上で重視したことは、NC旋盤の機械オペレーターとしてやりがいを感じていたうえ、スキルもそれなりにあると思っていたので、同じような職種であることを第一に重視しました。
活動当初のスキルでは機械オペレータとして加工オペレートをする技術、各種測定器を扱うスキルは十分にあり、自信もありました。今後も金属加工業務でのスキルアップを狙っていくために、ゆくゆくはCADオペレーターやプログラムを作成できる技術を身に着けたいと思い、そういうことができる会社を重視していました。

つぎに、会社の規模。大企業はスキル的に狙えないのは分かっていたので、狙えるぐらいのレベルでなるべく人数が多く大きい規模の会社を狙いました。
人数の多い会社の方が安定していたと感じていたからです。といっても、田舎にはなかなか100名を超える企業も少なく、具体的には50名以上~100名以下ぐらいの企業に就職することになりました。

次に年収。やはり、生活する上で生活レベルを落としたくないということで、年収を前職派遣と同程度もらえることを重視し、面接でも正直に話しました。結果、月々の手取り自体はダウンしたのですが、残業代とボーナスを加味するとトントンからややマイナスと少し少ない状態で最小限でのダメージに抑えられたと思います。

最後に通勤時間です。これから定年まで働くとしたらあと30年以上も働く会社です。できれば通勤が無理なく働ける場所が良いと考えていました。前職では通勤に片道50分かかるところでしたので、一日100分22日働けば2200分。約一か月で37時間程通勤に時間を使っているということになります。

一年で444時間という莫大な時間をその分、自分のスキルアップにつなげる勉強をしたり、残業として働いたとするとさらに年収アップにも繋がると思い、重要な点だと思い重視しました。結果的に家から約15分と片道35分の短縮につながりました。

使った転職サービス

使った転職サービスはハローワーク、リクナビNEXT、DODAの三つです。
リクナビNEXTとDODAは求人数はものすごいのですが、多くは都会である求人であり、家から通える求人を探そうと思ったときにはまったく検索がかからなく非常に使えないものとなってしまいました。

求人自体は使えなかったのですが、自分に合っている職種を探したりといったサービスを活用して履歴書等に活かすことはできたので登録して損はなかったと思います。

メルマガでも合いそうな求人を毎日送ってきてくれるのですが、残念ながら近くでも広島県や大阪といった車ではとても通勤できないような場所ばかりだったのが残念でした。ハローワークに関してはやはり地元密着型ということで、地元の求人が山ほどあり助かりました。

更に無料で履歴書の書き方や職務経歴書の書き方を教えていただけるコーナーもありそちらの方もだいぶ活用させていただきました。
大変分かりやすく、かつ間違いな点も色々あり勉強になりました。
求人に関しては家から車通勤というのは絶対条件でしたので、こちらに紹介状を発行してもらいハローワーク経由での就職となりました。

今の職場で働いてみて

現職で働いてみてですが、やはり派遣社員から正社員ということで求められるスキルレベルが段違いなのと責任の重さが違うということを実感しています。

派遣社員では許されていたことも、正社員になると表に立って怒られるといったことも増えてきて社会の厳しさを実感しています。その分、ボーナス等の福利厚生はあります。

しかし、派遣社員の時にはなかったサービス残業等闇の部分も見えてきて、正直割の合わない仕事だと思います。今、思うのはあの時は正社員としての雇用にこだわっていましたが、今は派遣社員、正社員拘らず、仕事をした分対価を得るということを重点において転職を考えています。
【リクナビNEXT】機械オペレーター求人検索結果

エンジニアの関連記事
  • 【50歳目前で転職活動中】Web系の開発を求めた休業中の過ごし方
  • 【美容師からIT企業へ転職】きっかけは給与と休暇でした
  • 【エンジニアに転職】リクルートエージェントを使って転職したら楽だった話
  • 転職支援サービス「DODA」を利用してIT業界への転職に成功しました
  • スカウト型のエンジニア転職サイト8選!
  • エンジニア・デザイナーにオススメの転職サイト14選!
おすすめの記事
転職活動、なかなかしんどかったです
販売・サービス・運輸
私の略歴をまず説明します。 私は大学卒業後、油剤メーカーに営業職で就職しました。 3年勤務した後、現職である海外進出企業向けコンサルティング...