大手生活用品店の販売スタッフから一転、中小IT企業の営業職へ転職

私はインテリアや生活用品のデザインを大学で学んだ後、アルバイトから契約社員という形でとある生活用品の国内最大手の会社へ就職しました。

本来でしたら正社員での入社が希望だったのですが、私が大学を卒業した2011年代は2008年に起こったリーマンショックの影響がまだ随所に残っており、ただですら狭き門であるインテリア業界への就職はかなり厳しいものだったため、止むを得ず両親を説得した上でのアルバイト入社ということになりました。




それまで知ることがなかった、インテリア業界の厳しさ

私は契約社員として入社を希望していましたが、3ヶ月間は試用期間としてアルバイト雇用で働いた後その評価を見て契約社員へ登用という形になるとのことでした。
最もアルバイトからなれなかったという例はこれまでに無いとのことでしたので、おそらく雇用の面での表面的な理由だったのだと思います。
そうして3ヶ月間のアルバイト研修を無事に終え、その後別の店舗にて契約社員として勤務をすることになりました。

ですが、アルバイトの時点でインテリア業界というのは本当に厳しい業界であるということを目の当たりにしました。

私が研修をしていた店舗には店長と副店長と、正社員のスタッフが2名いらっしゃったのですが、まずこの2人が定時で上がれている日は1日もなかったと思います。

本来、退勤すべき時間になってもまだ裏のスタッフルームでずっと事務作業を行なっていたり、他店舗へ電話をかけて時期のディスプレイの相談をしているなど、相当残業をされていました。

社員はほぼ残業代カット。他のスタッフも薄給の現実

長い時で、開店の2時間前に来ているのに閉店時間以降もまだ残っていらっしゃった時もありました。
しかも、後から聞いた話によるとそれでも残業分はサービス残業ということで残業代は出ない場合が多いということでした。
そして給与面での悩みはアルバイトや契約社員も一緒で、時給制だったため月々の給与はかなり少なく、当時私は実家で暮らしていたのでなんとかなっていましたが、もしこれが一人暮らしであればおそらく毎月赤字で生活できなかったと思います。

正社員になれる保証もないとわかり、転職も考え始める

契約社員から正社員になるには3年以上の実務経験と、3年経てば受験資格がもらえ、毎年行われている社員登用試験に合格することが必須でした。

初めはそこを目指すつもりで入社し、薄給にも耐えて仕事を続けました。
ですが、入社をして2年経ったところで本当にこのままで良いのか自分で疑問に思うことが度々ありました。
ボーナスもない薄給のため、全くと言っていいほど貯金もできておらず、受験資格を得てもその年の試験に落ちてしまえばまた1年後の試験までチャンスはありません。
そんな社員に必ずなれるという保証も無いのに大丈夫なのだろうかと思う日が多くなり、私は悩むようになりました。
せっかく希望して入った業界でしたが、将来を見据えて考えると、最初から正社員として別の企業へ転職をした方が良いのでは、とも考えるようになったのです。

久しぶりに会った友人からの助言で転職を決意

そんな時、久しぶりに学生時代の友人と会う機会がありました。友人はその時人材紹介の中小企業に勤めていました。

私の大学卒業当時に比べると、ようやく就職率も上がってきたということもあり、人手が足りない企業はたくさんあるのになかなか人材がおらず、困っているという話を彼女はしてきました。。
私は正社員の職も人材に困っているのか尋ねたところ、どこの業界も探している人はいるとの返事。

そこで、私は自分の現在の仕事の状況と、転職を考えていることを相談。
友人は、ひとまず、今(私が)興味がある業界があったら教えてほしい、その業界で人手不足で困っている企業があればその求人を随時紹介してあげることはできるから、今の契約社員生活を続けながら転職活動をしてみたらどうかという意見をくれました。

大学卒業からまだ2年と少ししか経っていないということもあり、おそらく企業もまだ雇いやすい時期だということも教えてくれ、私は働きつつ転職活動をすることを決意。

休みの日は1日面接、仕事がある日も面接の日々

それからというもの、私はそれまでの販売の仕事に影響が絶対に出ないよう、時間を調整しながら活動を続けました。
ちょうどその頃注目されていたということもあり、IT業界に興味がありましたが、プログラミングなどの専門の勉強はしたことがなかったため、今の販売のスキルも活かせる営業職を志望しました。

会社の規模などは特にこだわりはなかったので友人からの求人紹介を受けたらすぐにエントリーシートを送って面接、という流れで私は十数社の企業にアタックを続けました。

販売の仕事が休みの日も午前と午後に面接を入れ、仕事がある日で遅番の時は朝〜午前中に面接を入れてリクルートスーツのまま店舗へ出勤し、店舗のロッカールームで着替えるという生活を数ヶ月送っていました。

初めての転職活動をしてわかったこと

そんな数ヶ月の活動がようやく実り、私はある都内のIT企業の営業職に就職が決まりました。
給与も現在の3倍近くなり、ボーナスも出る上、会社の評判は数あるIT企業の中でも良い企業でしたので、迷わずこの企業への転職を決めました。

販売店の店長も無事に決まったことを祝福してくださり、業界は違えど応援しているとのお言葉もくださいました。
そして大学卒業から2年半後に私はようやく安定した正社員として企業へ入社をすることができました。

一部、残業が聞いていた時間より多いなど希望と違った面もありましたが、何より給与が倍以上に上がったのが自分にとってはとても助かりました。

それから3年が経ち、その間に私は実家を出て一人暮らしを始めその後良縁にも恵まれ結婚もできました。
色々と紆余曲折ありましたが、今のところ何不自由なく幸せな生活をすることができていますので、あの時悩んで迷いながらも転職を決意して良かったと思っています。

営業の関連記事
  • 土日祝日休みを求めて転職開始!家電量販店を辞めた後に転職活動したらこうなった
  • 【消費者金融から医療器具の営業職へ転職】同じところでずっと働き続けることが美徳という考えは捨ててしまっていい
  • やりがいを求めて銀行・ネット回線の営業を経て広告代理店へ転職
  • 給与よりやりがいを求めて証券会社から求人サイトの営業へ転職
  • 低収入の25歳保育士の転職。収入アップを目指して営業職に転職
  • 【アパレル販売員からコールセンターの電話営業へ】転職してよかった
おすすめの記事
何でも屋から福祉関係まで経験!
販売・サービス・運輸
神奈川県在住、42歳、男性既婚者、子ども3人です。 私の職業歴は、15歳の時に始めたアルバイトから多岐に渡ります。 私の職業歴! 15歳〜1...
転職時に確認すべき項目3選!
転職の仕方
「あの同僚、上司が嫌だ」「給料が上がらない」「残業が多い」など、もう転職してやる!と思う理由はたくさんありますよね。でも本気で転職しようと思...